Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

シスコ、EMC、VMwareがVCE連合の最新技術を発表

2010/10/19 12:56

 VCE(Virtual Computing Environment)とは、シスコ、EMC、VMwareの3社がプライベートクラウドの普及を加速するために2009年11月に設立したコンソーシアムである。このほど米VCEのホン・クウェック氏が来日し、VCEの最新技術を発表した。

 去る10月15日に開かれた記者発表会では米VCEサンタクララ・イノベーション・センターのホン・クウェック氏が同研究所の最新成果とVCE連合の今後の展開について発表した。

 VCEの仮想化とプライベートクラウドクラウド推進の核となるソリューションは「Vblock」である。これはデータセンター間の統合、サービス事業者の連携、仮想化されたワークロード、ストレージのマルチテナント化といった3社のコンセプトと技術を集約させたもの。

 発表の内容は、VCEのソリューションを用いることで、データセンターを跨いでアプリケーションの無停止移動が可能になるというもの。複数のデータセンターを境界なく利用することが可能になる。しかもユーザーはアプリケーションの変更なくワークロードを仮想マシン間で移動させることができ、IPアドレス、MACアドレスの変更も自動的に解決されるという。

 「重要なのは各データセンター間で単に動かす事が可能という事だけではなく、アーキテクチャーの設定やスケールアップなどの最適化をデータセンター間で図れるということ」(ホン・クウェック氏)

 また、Oracleの仮想環境についての質問に、「公式にはOracleVMの上とされているが顧客が使うなら対応していく。EオラクルをVMwareの上で動かしている企業は多く対応は何の問題もない」とコメントした。

 Vblockで稼働するアプリケーションは、VMware、Exchange、SharePoint、SAP、Oracle、GreenplumなどのパッケージやISVやSIによるアプリケーションなどがある。今回はそれらのアプリケーションの2011年のQ2まで対応ロードマップが明らかにされた。

 また導入事例として、アジアのシンガポールテコム、オレンジ社、リーバイス社などの大規模仮想環境の集約事例が明かされた。

 大規模データセンターの連携という分野で、戦略的に提携した3社だが、日本でも3社共通のパートナーへの取り組みや営業体制の強化を図り、日本市場の開拓を行っていくという。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5