SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

韓流IT事情

躍進する韓国企業、IMFショックを経験した隣国の先行事例から学べ

第1回


最近、日本のテレビや雑誌など多くのメディアで、韓国企業の躍進ぶりを扱う記事を目にする機会が増えてきている。特に注目されている産業は、IT、半導体、鉄鋼、造船、自動車産業、電子政府・電子自治体、そして冬ソナに代表される、いわゆる韓流ブームに至るまで、様々な分野での韓国企業や文化の活躍状況を取り上げ、今の日本の状況と比較されているものが大半だ。

韓国企業の躍進は、日本企業にとって脅威か?

 最近、日本のテレビや雑誌など多くのメディアで、韓国企業の躍進ぶりを扱う記事を目にする機会が増えてきている。特に注目されている産業は、IT、半導体、鉄鋼、造船、自動車産業、電子政府・電子自治体、そして冬ソナに代表される、いわゆる韓流ブームに至るまで、様々な分野での韓国企業や文化の活躍状況を取り上げ、今の日本の状況と比較されているものが大半だ。

 いまさらという感も無くはないが、同じ韓国人として韓国の発展ぶりを報道してくれるのは大変嬉しいことであり、ありがたい話ではある。しかし、それらの報道姿勢が現在の日本の社会や産業界が抱えている構造的な問題点を指摘し、日本のあるべき姿の方向性や、具体的な実現方法の提示なくして、単なる韓国企業の称賛や日本企業の弱点を並べ、日本経済の不安を煽るだけでは、日本の閉塞感をより濃くするだけで、何の役にも立たないのではないか。

  特にメディアの論調の中で、韓国企業の発展が日本企業の衰退に直接影響を与えているかのような二分法には、素直に賛同するには少し抵抗感がある。確かに、様々な分野で韓国と日本の企業の競争は激しくなりつつあるのも事実であろう。それによって日本企業が世界市場で苦労している部分も多いにある。

 韓国企業は、朝鮮戦争後の廃墟から40年足らずの短い期間に様々な分野で大躍進を成し遂げて来た。現在では、いくつかの分野で日本企業を追い越し、市場支配者の座に上り詰めた分野も少なくない。 しかし、韓国は、長年にわたり日本との経済、技術交流によって発展してきた。

 1970年代の韓国は、今の中国や東南アジア諸国のように人件費も安く優秀な労働力の提供先として、日本の生産基地として、大いに活用されてきたのだ。現在も多くの韓国企業は日本の企業から原資材や生産設備を購入し、それらを使い完成品を作っては世界各国に向けて、「Made In Korea」というレッテルを張って輸出するのである。

 つまり、韓国を代表する半導体や液晶テレビ、携帯電話などを製造するにしても、日本の生産設備や核になる原資材、部品などの提供がなければ、何も作れないのも事実である。そのような両国間の産業構造的な理由により、韓国は毎年、日本に対して300億ドル程度の巨額の貿易赤字を記録している。

表1:対日貿易赤字の推移(出典:韓国銀行、韓国関税庁)
表2:日本国対外貿易収支の推移(出典:JETRO)

 表1と表2を比較すると、日本国と韓国との貿易状況がよく分かる。この調査結果は、筆者自身も驚くほどの数字である。日本国の対外貿易黒字額と韓国の対日貿易赤字額が年々近づいている印象も受ける。この数字を見る限りにおいては、韓国企業の躍進が日本企業にとって脅威だけではなく、むしろ立派なパートナーであり、非常に重要なお客様であることを示している。(次ページへ続く

 

次のページ
韓国を襲ったIMFショックの衝撃

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
韓流IT事情連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

廉 宗淳(ヨム ジョンスン)

イーコーポレーションドットジェーピー代表取締役社長、青森市 情報政策調整監(CIO補佐官)、佐賀県 統括本部 情報課 情報企画監。1962年ソウル市生まれ。1985年ソウル市公務員として3年間勤務。1989年に来日し、3年間、日本の企業でプログラマーとして勤務。1993年 韓国に帰国し、ITベンチャ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2619 2010/10/27 17:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング