SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

お困り日誌

#011 楽観的インターフェースがあなたを無意味に笑顔にします!


楽観的インターフェースがあなたを無意味に笑顔にします!


かつて「究極の直感的インターフェースはコックリさんである」と
発言して物議をかもしたメディア研究所の所長がいましたが、
はたして究極のインターフェースとはどんなものなんでしょうか。
「直感的」という単語からはどうしてもESPカードを連想しますし、
「インターフェース」という単語からはなんとなく交通渋滞の匂いがします。
自動車の運転席に高度な直感的インターフェースを導入したら
当たり屋の飛距離が伸びたという研究結果があり、
炊飯器に高度な直感的インターフェースを導入したところ
農家の方への感謝の念が深まったという報告もあり、
事態は確実に究極へと向かっているようです。

さて、某国や、某国や、はたまた私たちの住む某国などが
直感的インターフェースの先鋭化にしのぎを削る一方で、
それとはまた別の某国某所では、某年某月某日ごろより
曲感的インターフェースの開発が着々と進められていました。

曲感的インターフェースとは、
アメリカ大陸をインドの西端と間違えてしまうような
人類に特有の誤解や曲解を逆手にとって
あえてユーザーとシステムの間に無数の誤解を生じさせ、
その誤解が解消されたときの大きなカタルシスを
便利さと誤解させようというたいへん遠大な計画で、
この曲感的インターフェースを省庁のシステムに試験採用した
5つの自治州はいずれも数年のうちに大森林と化しました。
ひらたく言えば、大失敗です。

そしてまた、無常感的インターフェースというものも
某国某市の某研究所で一時期さかんに研究されていましたね。
これは、「使いやすいインターフェースなどというものは
存在しない」という無常感を抱えたまま
天井からぶらさがった無数のひもを引っ張るが
まったく何も起こらない、という一種のメディアアートで、
被験者はその後全員出家したと言われています。

インターフェースとは一体なんなのでしょうか。
それが本当にわかったとき、
誰もがインターフェースを意識しなくなり、
インターフェースの作り方すら忘れてしまう。
そうしてまた、車輪の再発明が始まるのです。
現在はすでにそのサイクルの4周目であるとすら言われています。
いえ、直感がそう告げています。
直感は「このへんでやめておけ」とも言っています。

それではごきげんよう! (直感の示す方角へ退場)
 

          「お困り日誌」一覧はこちら 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
お困り日誌連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

倉田 タカシ(クラタ タカシ)

「ネタもコードも書く絵描き」として、イラストレーション、マンガ、文筆業、ウェブ制作、Adobe Illustratorの自動処理スクリプト作成など、多方面で活動。
イラストの他に読み札も手がけた「セキュリティいろはかるた」はSEショップより発売中。
河出文庫「NOVA2-書き下ろし日本SFコレクション」...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2785 2011/01/12 20:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング