SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「優秀なPMなら強いはず?」日立システムかるた大会開催


日立システムアンドサービスで「日立システムかるた大会」が開催された。使用されたかるたは、同社が制作した「PM格言カルタ」。札の1枚1枚にプロジェクトマネジメント論を端的に表した標語が書かれている。

日立システムアンドサービスは31日、「日立システムかるた大会」を開催した。腕に覚えのある選手達がIT企業10社から集結、熱戦を繰り広げた。

このイベントは日立システムアンドサービスが制作、翔泳社が販売する「名内泰藏 PM格言カルタ」を使い、楽しみながらプロジェクトマネージャーとしての心構えを学ぼうと企画されたもの。開催にあたり名内氏は、「忙しくて本を読む暇がないような方でも、楽しみながら理解できる」と遊び心を持った学習の良さを紹介した。

カルタを監修した名内泰藏氏
カルタを監修した名内泰藏氏

カルタはプロジェクトマネジメントに役立つ標語で構成されている。例えば「な」の札である「何も得 ないのに報告 するものか」では、部下が報告してきた際に、その報告の中身が薄いものであっても突き返したり、さらなる報告を要求するのではなく、アドバイスなど報告者にとって「得になること」をしないと、報告があがってこない雰囲気ができあがってしまうことを戒めている。

カルタにはわかりやすい絵とともに様々な格言が書かれている
カルタには様々なわかりやすい絵とともに格言が書かれている

かるた大会はチームごとの団体戦で行われた。最初は笑い声があふれていた会場だったが、徐々にヒートアップ。勢いのあまり隣の組まではじいた札を飛ばしてしまうチームや、「会場に流れているBGMのせいで、札を読み上げる声が聞こえない」という声が飛び出すほどだった。

札を取るたび、応援に来た人達から歓声があがっていた
札を取るたび、応援に来た人達から歓声があがっていた


【関連リンク】
名内泰藏 PM格言カルタ:SEshop.com

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/285 2008/01/31 16:46

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング