SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

シトリックス・ジャパン、2011年のビジョンと戦略を発表~モバイルとクラウドに注力


 シトリックス・システムズ・ジャパンは25日、2011年の戦略発表会を行い「サポート端末の拡大」「仮想デスクトップ専用の通信プロトコルHDX強化によるユーザーエクスペリエンスの強化」「Openなクラウド環境の推進」の3点に注力していくことを明らかにした。

代表取締役社長 マイケル・キング氏
代表取締役社長 マイケル・キング氏

 Nasdaq上場から15年、全世界で18億7,000万ドル(対前年比16%増)、純利益2億7,700ドル(対前年比45%増)と順調な成果を上げた2010年をマイケル・キング 代表取締役社長は「我々にとって重要な年だった」と振り返る。

 好業績を後押ししたのは、同社が注力を続けるデスクトップ仮想化製品で、特に日本国内では前年比511%もの成長により売上に貢献した。国内の顧客数は23,000社に拡大し、ニッセイ情報テクノロジーなどの全社的な採用事例も登場しはじめたことを紹介しながら、昨年の戦略発表会で掲げた「デスクトップ仮想化元年」が実現したことを強調した。

 また、Webアプリケーションのレスポンスを向上させるアプライアンス製品「NetScaler」も、Amazon Web ServicesやRackspace、Terremarkなど主要クラウド、ホスティング事業者による採用が進んだことで、対前年比で50%の成長を遂げ、業績牽引の材料となった。その他、日本国内では、マイクロソフトやシスコ、富士通との協業を発表するなど積極的にビジネス拡大を図った一年となった。

 デスクトップ仮想化の導入目的が単純なコスト削減から、ビジネスのあり方や人々の働き方の変革に変化しつつあると分析するキング氏は、2011年が「ビジネスとITが本当の意味で協業できる年」になると予想する。具体的なキーワードとして挙げるのは「端末」「場所」「クラウド」の3つだ。

 スマートフォンやタブレットPCの登場によって、従業員はビジネス用と家庭用に加えて、さらに多くの端末を持つようになった。各メーカーがこぞって新製品を投入する一方で、多くのアナリストが市場拡大を予測しており、ユーザー一人あたりの平均端末数は今後も増えていくことが予想される。

 そこで生じるのがあらゆる端末からデスクトップ環境を利用したいという要求だ。「iTuneでは、iPhoneからCitrixの仮想デスクトップ環境に接続するための『Citrix Receiver』がすでに100万件以上ダウンロードされている」(キング氏)こともその証左だろう。

 同社ではデスクトップ仮想化と個人PCを組み合わせて端末コストの削減や従業員のモチベーション喚起などを図る「BYO-C(Bring Your Own)」を提案してきたが、今年は3台のデバイスからアクセスする「BYO-3」が主流になると分析。あらゆるモバイル端末からシトリックスのデスクトップ仮想化環境に接続できるようサポート範囲の拡大に努める。

 また、仮想デスクトップ環境の快適性も追求する。「社外で仕事をするのは当たり前になった。どこであっても、快適に仕事ができる環境を整備する必要がある」(キング氏)と考えるためだ。動画再生やUSB接続などデスクトップPCと同様の環境を実現するためのユーザーエクスペリエンス関連テクノロジーCitrix HDXの機能強化に注力する。

 最後の一つは「クラウド」だ。昨今、ビジネスチャンスと捉えた各ベンダーが独自のクラウドスタックで顧客の囲い込みを図っている状況に憂慮を示した上で、「メリットを享受したいが、特定のベンダーにロックインされるのは避けたい」というニーズに対して、オンプレミス、パブリック・クラウド、プライベート・クラウドの横断的な活用を支援する「Citrix OpenCloud」の提供で応えていくとした。

 国内では、ビジネス環境への柔軟な対応や多様なワークスタイルの実現など、単なる仮想化導入にとどまらないコンサルティング・サービスなどを提供することで「顧客企業の変革支援」を行うほか、販売網の拡大を目指してセールスキャンペーンの強化や柔軟なライセンス体系の追加など「パートナープログラムの拡充」を行う。また、オープンソースコミュニティーとの連携などを通して「OpenCloudソリューションの積極的な提案」を図り、「飛躍の年」の実現を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2946 2011/02/25 16:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング