SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

企業で使う!スマートフォン導入への道

スマートフォンがやってきた!…のに使えない?そんな状況に陥らないために考えるべきこと

第2回

パイロット導入の重要性

企業がスマートフォンを導入する場合、情報システム部門に丸投げで一気に導入する事例があるのだが、それは決してお薦めできない。

自社でスマートフォンをどのように活用するのか、具体的な活用シーンはどういったときなのか、その効果はどうか、といったことを一通り検証するべきだ。

また、スマートフォンにどのようなアプリケーションを入れるのか、プレゼンテーション資料や携帯すべき資料を入れるのであれば、どの資料を入れるのか、その資料はどういったアプリケーションに持たせるのか、といったことも最初から決めづらい。他社で使っているから、という理由で安易に決めてしまうと、導入後に社員が使いこなせない、あるいは使わないといったことが起きかねないのだ。

導入を決めるのは情報システム部門ではない

iPadのようなスマートデバイスを導入する際に、情報システム部門に丸投げする企業は少なくない。たしかに導入後の資産管理や遠隔監視といったことは情報システム部門にお願いすることになるわけだが、そもそも何に使うのか、どういうシーンで活用できるのか、といったことを考えるのは、ビジネスを司る部門であるはずだ。マーケティング部門なのか、あるいは営業部門なのか、利用シーンによって責任部門が変わるはずであり、それが決まったら情報システム部門に運用について相談する、という流れになるべきなのだ。

しかし、多くの企業は情報システム部門に丸投げしてしまい、セキュリティポリシーも含めて経営者すら関わっていないことが多い。セキュリティポリシーは企業のポリシーそのものと言っても過言ではない。それに経営者が関わろうとしないのでは、企業としての動きそのものが不安になるのではないだろうか。

自由に使っていいと言われても、社員は使えない

私が今まで携わってきた企業で、最も社員が困るアナウンスは「自由に使っていいよ」だ。会社支給の端末であるにもかかわらず、そしてPCにはいろいろな制限がかかっているのに、スマートデバイスだけは「自由に」と言われても理解しづらい。何かトラブルがあれば、後出しジャンケンで叱られる、と考えるのが普通だろう。

仮にアプリケーションを自由に購入していい、というルールを作るにしても、どのようなアプリケーションが自社の活動に向いているのか、くらいの情報は提供するべきだ。メモを録るならこのアプリケーション、プレゼンテーションにはこのアプリケーションといった具合だ。また、GoodReaderのように便利なアプリケーションは、アプリケーション連携が出来るため、企業によっては善し悪しである。iPadから取り出せないようにしておきたい資料を格納するには不安だ。こういうことも事前に検討し、確定しておかなくてはならないところだ。こういった責任を社員に丸投げしてはいけない、ということなのだ。ここはしっかり運用ポリシーを決めて、これはいいが、これはダメ、といったことをはっきりさせておくことで、社員は安心して活用することができるのだ。

次のページ
営業マンが使うスマートデバイスの事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
企業で使う!スマートフォン導入への道連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大木豊成(オオキトヨシゲ)

イシン株式会社 代表取締役シンガポール大学(現NUS)卒業
米国PMI認定Project Management Professional取得ソフトバンク株式会社で、Yahoo!BB事業立ち上げ、コンタクトセンター立ち上げ、おとくラインサービス立ち上げなど、事業・会社とサービスの立ち上げを担当。現在は「人と会社...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3145 2011/05/24 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング