SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

企業で使う!スマートフォン導入への道

スマートフォンの個人利用をどう考えるか

iPhoneやiPadは、AppStoreでゲームや書籍を購入することもできる。個人が、個人の費用でアプリケーションを購入した場合にはどう対処すべきか。会社と個人の切り分けを含めて考える。

BYODという考え方

 BYODという言葉を聞いたことがあるだろうか。Bring Your Own Deviceの略で、個人が所有するスマートフォン、スマートデバイスを業務利用することを指す。携帯電話が普及し始めた1990年代にはよくあったことだが、PHSが一番最初に「分計サービス」を始め、個人利用分と業務利用分を個別に請求する仕組みができあがった。

 しかし、「個人情報の保護に関する法律(通称:個人情報保護法)」が施行された2005年を境に、業務用端末を支給し、個人利用の携帯電話を業務に使わないようにする企業が増えた。PHSを筆頭に、社員間無料サービスが増えたのもこの頃だ。

 私の前職でも、業務用端末からメールを見られるようにしていたが、フィーチャーフォンでは添付書類は見られないし、メール内にあるURLをクリックしても見られないことも多く、さらに業務システムにもアクセスできないため、ほとんど携帯同士のメールか、音声通話に使われていた。

 

 しかし、スマートフォンが普及し始めてから、その状況は一気に変わった。

 PCと同じサイトを見る機能を持つスマートフォンでは、添付書類を見ることができるのはもちろん、画面サイズの大小の問題はさておき、物理的に編集も可能だ。また、iPadのようにプレゼンテーションに使われるケースも増えてきたこともあり、業務システムにアクセスしたいという要望も増えてきた。

次のページ
BYOD、2つの視点

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
企業で使う!スマートフォン導入への道連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大木豊成(オオキトヨシゲ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3534 2011/10/26 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング