Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

今回よりPM・技術リーダー向けのハイレベル技術者向け試験を開始 IT検証産業協会、2011年秋期の「IT検証技術者認定知識試験」を東京・大阪・名古屋・北海道で実施

  2011/09/05 00:00

一般社団法人IT検証産業協会(IVIA )は、IT検証技術者認定試験(IVEC)の2011年秋期知識試験(ペーパー試験)を、10月23日に東京、大阪、名古屋、札幌の4会場において実施する。受験申し込みは、IVIAのWebサイトで開始されており、申込み締め切りは9月22日。

IVECは、検証技術者の育成、検証スキルの明確化、検証技術者の地位向上などを目的とする資格認定制度で、今回が10回目になるという。IVECでは、検証技術者のスキルレベルを、エントリーレベル(レベル1・2)、ミドルレベル(レベル3・4)、ハイレベル(レベル5~7)の7段階に分けており、過去9回は、ミドルレベルまでを対象に試験を実施していた。今回は初めて、ハイレベル(レベル5)の試験が実施されるという。

IVECでは、エントリーレベルはテスト実行者、ミドルレベルはテスト設計者(テストケースの設計から実行まで)、ハイレベルは、テスト工程の計画から実行まで管理できるプロジェクトマネージャや技術リーダーが対象になるという。

IVECは、実務スキルを重視しているのが特徴とされており、知識試験に合格した後、所定の実務トレーニングを修了すると認定資格を取得できるという。知識試験は1年に2回 春と秋に実施され、テストケースの設計から実行、プロジェクト管理などに必要な知識に関する問題がレベルに応じて出題されるという。実務トレーニングは、IVIAの認定ベンダにより行われ、教育研修シラバス(学習計画)に沿った実習・演習が中心になるとしている。

IVECは、2007年の第1回から現在まで過去9回の知識試験の受験者数は約3,000名。1,650名が合格し、そのうち420名が実務トレーニングの修了試験に合格しているという。

■IVECの詳細と受験申し込み
http://www.ivia.or.jp/ivec/

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5