Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第8回 MySQL事始 SQL文(5) DDL

edited by DB Online   2011/10/21 00:00

コラム

通常同じテーブル名のテーブルを作成しようとするとエラーになります。

mysql> CREATE TABLE City (id INT(8));
ERROR 1050 (42S01): Table 'city' already exists

 MySQL独自の拡張として、同じ名前のテーブルが存在するテーブルを作成した場合などに、エラーではなく表示のみで知らせることができます。>

mysql> CREATE TABLE IF NOT EXISTS City (id INT(8));
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

mysql> SHOW WARNINGS;
+-------+------+-----------------------------+
| Level | Code | Message                     |
+-------+------+-----------------------------+
| Note  | 1050 | Table 'City' already exists |
+-------+------+-----------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

 ここではエラーレベルが、処理が実行できなかったErrorや処理が実行できたものの問題があったWarningではなく、Noteとなっています。他にもCREATE DATABASE文での`IF NOT EXISTS`DROP DATABASEDROP TABLEでの`IF EXISTS`などで同様の拡張が用意されています。



著者プロフィール

  • 梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

    日本オラクル株式会社 MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQL Principal Sales Consultant オラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて、台湾、オーストラリア、インドに在籍するチームメンバーを束ね、アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。  

バックナンバー

連載:MySQL事始

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5