SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

これがOracleのインメモリ!Oracle TimesTenのすべて

第3回 TimesTenの運用設計


今回のテーマはOracle TimesTenの運用設計です。Oracle TimesTenは物理設計が命なので、きちんとした設計で環境を構築し、一度運用を開始してしまえばそれ程複雑なメンテナンスを行う必要はありません。シンプルだからこそ確実に押さえてほしいOracle TimesTenの監視ポイントや統計情報運用について説明します。*2012/1/12 に Oracle TimesTen 11.2.2.2 がリリースされました。本記事はOracle TimesTen 11.2.1.8 をベースに記載した内容となります。    

Oracle TimesTenの統計情報はどう運用すべきか?

 Oracle TimesTenはコストベースオプティマイザを使用しているため、Oracle Databaseと同様に統計情報から実行計画を判断します。したがって、正しい統計情報を取得することが非常に重要と言えます。

 「Oracle TimesTenを導入したのにパフォーマンスが全然出ない。」というトラブルのご連絡を受け、現場に駆けつけたら、統計情報が取得されていなかったというケースがよくあります。

 Oracle TimesTenを快適に利用するためには、統計情報は絶対に取得してください。

統計情報の取得方法

 Oracle TimesTenの統計情報は、下記の組み込みプロシージャを実行することによって取得できます。

 ・ttOptUpdateStatsプロシージャ(全体統計)
 表に格納されている全てのデータを参照し、統計を収集します。したがって、表が大きい場合は、収集に時間が掛かる場合があります。

 ・ttOptEstimateStatsプロシージャ(見積統計)
 表内の行をランダムにサンプリングすることによって統計を推定します。全体統計の計算と比べてかなり高速ですが、正確性は全体統計より劣るため、その実行計画は最適な計画に及ばない可能性があります。

 推奨するのはもちろん全体統計ですが、システムにかかる負荷が高すぎたり、処理時間が長すぎてなかなか終わらなかったりする場合は、見積統計でも良いと思います。

 データの増減が激しいシステムは定期的に統計を取得することが推奨されますが、コンサルが支援するお客様は安定稼働を重視されるお客様が多いので、統計情報は比較的固定するケースが多いです。

 データ特性に大きな変動がないようなシステムにおいては、検証フェーズで本番相当のデータを準備して全体統計を取得していただき、性能試験で実行計画に問題がないことを確認していただいた上で、その統計情報のまま固定(再取得をしない)し、定期的に見直すような運用としていただくことをお奨めしています。

次のページ
統計情報の種類とその確認方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
これがOracleのインメモリ!Oracle TimesTenのすべて連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

三浦 かなこ (ミウラ カナコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3718 2012/02/10 18:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング