SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

はじめましてOracle!

買ってつないだらすぐ使える!Oracle Database Applianceがやってきた!(概要&インストール編)

003

第3回目となる今回は、ハードウェアとソフトウェアが一体となった『Engineered Systems』の1つであるOracle Database Applianceの概要とインストール方法について解説します。

Engineered Systemsとは?

 過去2回に渡ってOracle Databaseのインストールと初期設定手順を解説してきました。手順さえ把握しておけば、データベースが動く状態まで持っていくことは簡単です。しかし、実際に本番利用するためには様々な要件をクリアしなければなりません。

 例えばショッピングサイトのようなWebサービスの場合、24時間365日稼働し続ける可用性が求められます。データベースが停止してしまうと注文を受け付けられず、大きな損失が発生します。また、商品を素早く検索・表示するための性能も重要です。利用者を待たせてしまうと購買意欲が薄れ、他のサイトに移動してしまうからです。他にもセキュリティや拡張性といった様々な要件が存在します。

 これらは非機能要件と呼ばれ、実際の現場では長い時間をかけて設計やテストが行われています。なかにはハードウェアの機能を駆使しなければクリアできない要件もあり、幅広い知識と経験が求められます。「インストールはできるけど、非機能要件を満たせているのか不安。」というケースが多いのではないでしょうか。

 そこで誕生したのが、ハードウェアとソフトウェアが一体となった『Engineered Systems』です。予め設計やテストを済ませた状態で提供されるため、最初から可用性や性能などの非機能要件をクリアしたデータベースを使うことができます。

 第3回目となる今回は、Engineered Systemsの1つであるOracle Database Applianceの概要とインストール方法について解説します。

データベースの可用性と性能を考える際のポイント

 代表的な非機能要件である可用性と性能について考えてみましょう。Oracle Databaseにおける最小構成はシングル・インスタンス構成(あるいはシングル構成)と呼ばれ、インスタンスとデータベースの関係が1:1となっています。本連載で解説してきたインストール手順はシングル・インスタンス構成のものです。

シングル・インスタンス構成
シングル・インスタンス構成(oda1.jpg)

 シングル・インスタンス構成には、可用性と性能においてそれぞれ課題があります。まず可用性ですが、シングル・インスタンス構成には障害が発生するとデータベースが使用できなくなる『単一障害点』が存在します。最も分かりやすい単一障害点はサーバーです。シングル・インスタンス構成の場合はサーバーが1台しかないため、部品故障などのハードウェア障害が発生するとインスタンスが停止してしまいます。代わりとなるサーバーがない限り、部品を手配して交換するまでの数時間はデータベースを使用できません。

 性能においても、サーバーが1台しかないことが問題になります。データベースの利用者やデータ量が増加するとデータベースの負荷が上昇するため、ハードウェアのリソースが多く必要になります。対処方法としてCPUやメモリーを増強する『スケール・アップ』が考えられますが、1台のサーバーに搭載できる量には限界があります。また、どれだけハードウェアのリソースを増強したとしても、サーバーが1台である以上は可用性と性能を両立できません。

次のページ
Oracle Real Application Clusters(RAC)構成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
はじめましてOracle!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岸和田 隆(キシワダ タカシ)

株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリストアシスト入社後、Oracle Database の研修講師、フィールド・ サポート、新バージョンの検証を経て、2007年 自社ブランド 「DODAI」の準アプライアンス製品の企画・開発、2009年 PostgreSQL、2011年...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

関 俊洋(セキ トシヒロ)

株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリストデータベース・システムの構築や運用トラブルの解決といったフィールド・サポート業務を経験し、その後は新製品の検証やソリューションの立ち上げに従事。現在はデータベースの価値や魅力を伝えるための執筆や講演活動を行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4017 2012/06/18 00:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング