Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 岸和田 隆(キシワダ タカシ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト

    アシスト入社後、Oracle Database の研修講師、フィールド・ サポート、新バージョンの検証を経て、2007年 自社ブランド 「DODAI」の準アプライアンス製品の企画・開発、2009年 PostgreSQL、2011年 Postgres Plus、MySQL / MariaDB の事業立上を担当。 現在は「データベースのアシスト」を目指した活動を行っている。


執筆記事

  • 5296_a.jpg
    2013/10/31

    SQLを自動最適化する12cのオプティマイザ

     前回はOracle Database 12cのRACとASMにおける変更点を紹介しました。本シリーズ最終回となる今回は、SQLの実行において重要な役割を担うオプティマイザについて紹介します。

  • 5265_a.jpg
    2013/10/24

    12cのRACとASMは何が変わったのか

     前回はOracle Database 12cで新しく実装されたセキュリティとバックアップの新機能を紹介しました。第4回目となる今回は、RACとASMが11gR2からどう変わったのかを解説します。

  • infinisum.jpg
    2013/10/23

    80CPUコアのスケールアップを実現するInfiniDB

    InfiniDBは2012年3月よりアシストが日本国内に提供を開始したデータ・ウェアハウス(DWH)専用のRDBMSソフトウェアです。2013年8月にリリースしたInfiniDB 3.5.4 はマイナー・バージョンアップ版でありながらも、スケールアップ性能が最大2倍以上も向上する性能強化が実現されています。

  • 5206_a.jpg
    2013/10/08

    現場の課題に直接効く、12c のセキュリティとバックアップ新機能

     前回は Oracle Database 12c で新しく実装されたマルチテナント機能(Oracle Multitenant)の基本操作を紹介しました。第3回目となる今回は、Oracle Database 12cで進化したセキュリティとバックアップの機能を紹介します。

  • 5113_a.jpg
    2013/09/12

    グングン仕組みがわかる!12cのマルチテナントを触ってみよう

    前回はOracle Database 12cで新しく実装されたマルチテナント機能(Oracle Multitenant)の概要を紹介しました。第2回目となる今回は、Oracle Multitenantの環境を実際に構築し、操作しながら仕組みを解説していきます。

  • 5068_a.jpg
    2013/08/23

    クラウド時代の新しいアーキテクチャ、Oracle Database 12cのマルチテナント機能

    2013年7月17日、およそ5年半振りのメジャー・バージョンアップとなるOracle Database 12cの国内提供が開始されました。本連載では、500を超える新機能の中から、代表的なものをピックアップしてわかりやすく解説していきます。第1回目となる今回は、12c最大の目玉であるマルチテナント機能について解説します。

  • 4724_a.jpg
    2013/04/22

    ココが変わった!Oracle Database Appliance X3-2

    ハードウェアとソフトウェアが一体となったエンジニアド・システムの1つであるOracle Database Applianceの新バージョンがリリースされました。その名も『Oracle Database Appliance X3-2』。データベースをシンプルにするというコンセプトはそのままに、2倍の性能向上、最大4倍のストレージ容量を実現しています。

24件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5