EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

〜 HP ProLiant DL980 G7 と Red Hat Enterprise Linux 6の組み合わせで効果を発揮 〜 80CPUコアのスケールアップを実現するInfiniDB

edited by DB Online   2013/10/23 00:00

InfiniDBは2012年3月よりアシストが日本国内に提供を開始したデータ・ウェアハウス(DWH)専用のRDBMSソフトウェアです。2013年8月にリリースしたInfiniDB 3.5.4 はマイナー・バージョンアップ版でありながらも、スケールアップ性能が最大2倍以上も向上する性能強化が実現されています。

 ビッグ・データというキーワードが広がるにつれて、DWHにも改めて注目が集まっていますが、図1のようにDWH用途で採用されているDBMSは、予算の限られるシステムの場合は汎用RDBMSを、高い性能が求められるシステムの場合は高価なDWH専用アプライアンスを採用する二者択一の状態のようです。アシストではDWH専用RDBMSソフトウェアであるInfiniDBとコスト・パフォーマンスの高い汎用マルチプロセッサーサーバーを組み合わせることで、 DWH専用アプライアンスの高性能なDWH環境を採用しやすいコストで提供することを目指しています。

▼図1:情報系システムで利用されているDBMSと予算
図1:情報系システムで利用されているDBMSと予算

InfiniDBの特長

 InfiniDBはデータを列ごとに垂直分割して保存する列指向RDBMSであり、さらにエクステントと呼ばれる一定範囲の行ごとにデータを水平分割します。つまり、InfiniDBの表データは図2のように自動的に垂直水平方向にパーティションニング(分割)されて格納されています。さらに、各エクステントに格納されている値の最小値と最大値を保持するエクステント・マップ情報により、BIアプリケーションから発行されるSQLがアクセスするデータを最小限に絞り込むことができます。また、図3のようにアクセス対象となるデータに対してマルチスレッドのI/Oスレーブによるパラレル処理が実行されます。この独自のアーキテクチャにより汎用RDBMSと比較して圧倒的な処理速度を実現することができます。エクステントを処理するノードに分割することでスケールアウト構成にも秀で、マルチスレッドのパラレル処理はスケールアップ性能に優れているため、スケールアウトでもスケールアップでも性能を向上させることができる柔軟性を備えています。

▼図2:垂直水平方向のパーティショニングとその効果
図2:垂直水平方向のパーティショニングとその効果
 
▼図3:InfiniDBの処理概要
図3:InfiniDBの処理概要

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 岸和田 隆(キシワダ タカシ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト アシスト入社後、Oracle Database の研修講師、フィールド・ サポート、新バージョンの検証を経て、2007年 自社ブランド 「DODAI」の準アプライアンス製品の企画・開発、2009年 PostgreSQL、2011年 Postgres Plus、MySQL / MariaDB の事業立上を担当。 現在は「データベースのアシスト」を目指した活動を行っている。

  • 関 俊洋(セキ トシヒロ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト データベース・システムの構築や運用トラブルの解決といったフィールド・サポート業務を経験し、その後は新製品の検証やソリューションの立ち上げに従事。現在はデータベースの価値や魅力を伝えるための執筆や講演活動を行っている。

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5