Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウイングアークと日本テラデータが大規模BIシステム領域で協業

2012/10/04 19:00

ウイングアークと日本テラデータは、大規模BIシステム領域での協業を開始すると発表した。その第一弾として、ウイングアークの情報活用ダッシュボードの新バージョンと日本テラデータのデータウェアハウスを連携させる専用アダプター「MotionBoard Adapter for Teradata Database(仮称)」の開発を行うとともに、ウイングアークが日本テラデータのパートナー支援制度「Teradata Partner Network」に参加し、企業におけるビッグデータ活用を推進するという。
 

ウイングアークは2012年度にリリースを予定している情報活用ダッシュボードの新バージョン「MotionBoard Ver4.1」において、大規模なデータウェアハウス、およびBIシステム構築に多くの実績を持つTeradataデータベースにシームレスに連携しパフォーマンスを最大限引き出すための専用アダプターの開発を行い、オプション製品として提供するという。

これにより、日本テラデータの業種別コンサルタントによるデータ分析・情報活用のノウハウと、MotionBoardが持つ集計力とビジュアライゼーションにより、ユーザーは大規模で多様なデータを業務にあった形で活用できるようになるとしている。

また、リアルタイムにデータベースに接続しダイナミックな表現が可能なMotionBoardが、大規模なデータを超並列で処理可能なTeradataデータベースと融合することで、全社、サプライヤー、顧客まで含めたユーザーがビッグデータを活用できる大規模BIシステムの提供を実現するという。

両社は共同で、金融、流通、製造業の大手企業を中心に、今後3年間で30システムの受注をめざすとしている。

なお、ウイングアークは、10月10日~12日に東京ビッグサイトにて開催される「ITproEXPO 2012」に出展し、TeradataデータベースとMotionBoardによる連携ソリューションを紹介するという。

■ニュースリリース
http://www.teradata-j.com/press/2012/20121004.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5