SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(PR)

Oracle Databaseのバックアップを大幅に効率化するData Domainの重複排除技術

高い効率の重複排除は災害対策を低コストで実現する

 さらにData Domainでは、重複排除した結果を圧縮している。そのため、重複排除の効果が出にくい初回のアーカイブ処理でも、元のデータの1/2から1/4程度までサイズを削減可能だ。より重複排除効果が発揮される2回目以降となれば、データの種類にもよるが、1/20から1/50程度までデータ量は削減される。このような高い効率でデータ重複排除ができるので、ある企業の例ではデータセンターの床のタイル17枚分ものスペースを占有していたテープライブラリ装置が、Data Domainに移行したことでほんの8Uのサイズに収まってしまったとのこと。

cap

 さらにこの重複排除の高効率性は、昨今、とみに需要が高まっている災害対策でも大きな効果を発揮する。災害対策用に遠隔地にバックアップサイトを構築する際、大きなコスト負担となるのがサイト間の回線の太さだ。レプリケーションに十分な回線性能を得ようとすれば、それ相当の専用回線を契約することとなり、これがかなりのコスト負担となる。

 Data Domainであれば、重複排除と圧縮の効果で、2回目以降にバックアップサイトに送るべきデータサイズはきわめて小さくできる。なので「あまり速度の速くない回線でも遠隔地サイトへのレプリケーションが可能です。場合によっては、高い専用線ではなくBフレッツなどの通常のインターネット回線でレプリケーションを行っている例もあります」と志間氏は言う。

 さらに、Data Domainならローカルなディスクにリアルタイムに書き出すのと並行して、重複排除後のデータをバックアップサイトに送れるので、ほぼリアルタイムにレプリケーションが可能となる。また、Data Domainのレプリケーションは、1対1の一方通行だけではない。たとえば東京と大阪で、それぞれのサイトのバックアップを双方で持ち合う、あるいは多対1で多くのサイトの遠隔地バックアップを1カ所に集約する、多対多のカスケード型でデータを持ち合うなど、柔軟な構成が可能となっている。この柔軟性もまた、データの安全性の確保とコスト削減の両立に寄与する。そのため「Data Domainを採用する顧客の7割くらいは、災害対策構成での導入となっています」とのことだ。

 そして、バックアップやアーカイブを行う際に、データサイズがかなり小さくなるだけでは十分ではない。もっとも重要なことは、重複排除されてアーカイブされるデータの安全性、信頼性がきちんと担保されるかだ。「米国でなどでは、この安全性、信頼性の部分が製品の評価でもっともフォーカスされる部分です」と志間氏。

 Data Domainでのデータ信頼性は、2つの方法で確保されている。1つがRAID 6による2種類のパリティによるデータの保護だ。そしてもう1つが、Data Domain独自のデータチェックの仕組み。ディスクに書き込むのと同時に、ファイルシステムレベルでデータが読み込み可能かをチェックするのだ。

 定期的に全データのチェックを行い、読み込めないデータが発生した場合にはRAIDレベルでの復旧を行う。それでも復元できない場合には、管理者にアラートを表示し、バックアップデータの再取得を促すことが可能だ。この高いデータの信頼性の確保も、Data Domainが市場で評価されている大きな理由となっている。

次のページ
Data DomainならOracle Databaseに最適なバックアップ手法となる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4310 2012/12/12 19:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング