Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

KDDI、KCCS、インフォアが東南アジアで事業展開する製造業向けERPサービスで協業

2013/01/23 12:00

KDDIシンガポール(KDDI-S)と京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、インフォアジャパンの3社は、東南アジアで事業展開する製造業向けのERPソリューション分野で協業すると発表した。
 

今回の協業は、東南アジア各国で事業展開する企業が、現地特有の商習慣や税制、法制度などに対応することを支援するためだという。KDDI-S、KCCS、インフォアの3社が、海外展開を望む製造業向けに、販売から会計、生産管理までをワンストップで提供するSaaS型ERPサービスを提供するとしている。

具体的には、インフォアの中堅・中小企業の製造業向けERPパッケージ「Infor SyteLine」に、現地販売管理機能や制度会計に対応し、グループ内連結経営管理にも対応したKCCSのアドオンモジュールを付加し、KDDI-Sのデータセンター「TELEHOUSE Singapore」においてサービスプラットフォーム化して、サービスメニューを各種用意するという。

サポート面では、製造業の東南アジア展開を熟知したプロフェッショナルチームが、ユーザー環境のヒアリングからサービス利用開始までをきめ細かに支援するという。また、導入後のサポート窓口は英語・日本語をはじめとする各国言語で対応するとしている。

KDDI-Sには、シンガポールのデータセンター事業の運営および東南アジア地域でのシステムインテグレーションで培ったノウハウがあり、KCCSは京セラの海外展開を支え、現地の税制や会計基準などのノウハウを蓄積されており、インフォアの「Infor SyteLine」は製造業の基幹業務に必要な各種機能を搭載し、全世界で5,500サイト、アジア太平洋地域で1,400サイトに導入された実績があるという。

なお、「Infor SyteLine」をベースにした統合情報基盤をクラウドで活用するソリューションを紹介するセミナーを3月14日にシンガポールにおいて開催する予定だという。

■ニュースリリース
http://www.kccs.co.jp/press/release/130123.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5