Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本IBMがSAPアプリケーションの統合基盤をクラウドで提供

  2013/01/24 00:00

 

 日本IBMは、SAPアプリケーションを用いた企業の業務システムを短期間かつ最適なコストで構築、運用するための統合基盤をPaaS(Platform as a Service)形式のクラウド・サービスにした「IBM SmarterCloud for SAP Applications R1.1」の提供を、2013年2月18日より開始すると発表した。

 

 IBM SmarterCloud for SAP Applicationsは、SAP Business Suiteを用いた業務システムを構築するための統合基盤を、自動化、標準化された構築支援や運用管理のサービスと合わせて提供する、企業向けのクラウド・サービス。IBM SmarterCloud for SAP Applicationsは、クラウド環境とそのサービス管理やセキュリティ機能を提供するIBMのマネージド・クラウド・プラットフォーム「IBM SmarterCloud Enterprise+(SCE+)」を活用している。SCE+の特徴である仮想サーバー、オペレーティング・システム(OS)、ミドルウェア、ストレージ、ネットワークなどのインフラ層の運用・管理機能に加え、その上で稼働するシステムの運用やデータベースの管理など、SAPアプリケーションを用いた業務システムに必要な基盤の要素を統合することで、高い可用性と業務継続性を実現している。また、新たなSAPアプリケーションを用いたシステムの構築、データベースのリフレッシュ、既存システムのクローンの作成など、自動化・標準化されたプロビジョニングやサービスのメニューで、作業の効率化を支援します。クラウドは、IBMがグローバルに展開するクラウド・センターから最適な場所を選択でき、システムの導入、管理、運用は、専用のWebポータルを通じてリモートで実施できる。

 IBMは、IBM自身がグローバルで最大級のSAPユーザーであると同時に、テクノロジー、サービス、ホスティングなど、SAPのさまざまな種類のCertified Partnerとして、多くのお客様に対するSAPアプリケーションを用いたシステムの構築、運用の実績があり、また、IBMのクラウド・サービス上でSAPアプリケーションの提供や導入支援を行うスキルや能力について認定を受けている。IBM SmarterCloud for SAP Applicationsで提供される自動化、標準化されたメニューやサービスは、これらで培ったIBMの経験、知見を活用したもの。

 IBM SmarterCloud for SAP Applicationsは、月または年単位のサービス契約にもとづき提供する。また、オプション・メニューによるリソース追加や運用サービスを、必要に応じて選択し追加することが可能。サーバー・プラットフォームは、IntelベースまたはPowerベースを選択が可能。加えて、運用状況や障害状況の確認が可能な専用のWebポータルや、サービスヘルプデスクが提供される。なお、SAPライセンスは含まれていない。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5