Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エンバカデロ、情報管理とソフトウェア開発においてデータガバナンスを推進するプラットフォームを発表

2013/01/29 14:00

エンバカデロ・テクノロジーズは、1月28日に新しいメタデータガバナンス戦略を発表した。これは、情報管理とソフトウェア開発ライフサイクルを通して、組織がデータガバナンスを推進し、多様なデータを簡単かつ実用的に活用できるようにする業界唯一のソリューションになるとしている。
 

今回発表されたプラットフォームは、メタデータの検出、管理、組織化を行うエンバカデロの製品ポートフォリオを包括するものだという。また、実績のあるデータベースモデリングツールの最新バージョン「ER/Studio XE3」をリリースしたという。これにより、企業におけるモデリングとその影響分析をより広範なメタデータに対して行うことが可能になるとしている。

エンバカデロは、データガバナンスにおけるメタデータの重要性は、ビジネスニーズや要求(ポリシー)と、情報やデータ値とのつながりを提供することによって、組織のデータから価値を取り出すために不可欠なものだとしており、エンバカデロのポートフォリオは、事業計画やソフトウェア開発のライフサイクル全体を通じて、「ガバナンス対応」にしているという。

また、データガバナンス戦略のサポートの一環として発表された「ER/Studio XE3」は、膨大な量のデータを正確に理解可能にし、関連付けされたメタデータを完全にキャプチャーして活用できるようにすることで、競合優位性をもたらすとしている。「ER/Studio XE3」の新バージョンには、次のような機能が含まれているという。

・物理、論理、概念モデル間のエンタープライズモデリングと影響分析のための高度なユニバーサルマッピング機能

・完全なフォワード/リバースエンジニアリングを可能にするカスタムデータ型の作成機能

・Microsoft SQL Server 2012、Teradata、IBM Netezza、EMC Greenplum、Microsoft Windows 8のサポート

・大規模モデルの管理のサポートが容易に
・ユーザーインターフェイスの改善、新しい検索エンジンの搭載により新しくなったER/Portal

なお、エンバカデロのメタデータガバナンスの機能は、対応するエンバカデロ製品の最新バージョンで利用可能だという。「ER/Studio XE3(英語版)」は、1月28日から購入可能。また、「ER/Studio XE3」の日本語版の提供時期は、2013年第1四半期後半を予定しているという。

■「ER/Studio XE3」の詳細(英文)
http://www.embarcadero.com/products/er-studio

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5