SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SQL Server 2012 Deep Dive

災害時のセカンダリ サイトの復旧

第9回

こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。前回にひきつづきマルチサブネット構成の可用性グループについてです。前回の3つのレプリカをもつマルチサブネット構成を前提に、今回はセカンダリ サイト復旧の注意点についてご紹介したいと思います。

WSFCの再開

 災害などでプライマリ サイトが使用できない場合、セカンダリ サイトで SQL Server を稼働させますが、前回の3つのレプリカをもつマルチサブネットの構成では稼動しているノードが1つのため投票は過半数を超えません。そのため、強制クォーラムを使用してWSFCを起動します。これを行うにはフェールオーバー クラスター マネージャー、PowershellとNET コマンドのいずれかが使用できます。

 WSFCを起動した後はNodeWeightを1に設定します。また、クォーラム構成も現在稼動しているノード数にあわせて変更します。WSFCを起動する手順は次のようになります。

 ・クラスター サービスが実行されていないことを確認する
 ・強制クォーラムを使用してクラスター サービスを起動する
 ・NodeWeight の調整
 ・クォーラム構成の変更

 Powershell を使用したWSFCの起動や構成の変更の例はつぎのようになります。

# WSFC のサービスが起動していないことを確認
PS C:\> $nodename = "AGReplica3"

PS C:\> Stop-ClusterNode -Name $nodename
Stop-ClusterNode : クラスター サービスが実行されていません。クラスター内のすべてのノードでそのサービスが実行されている
ことを確認してください。
    エンドポイント マッパーから使用できるエンドポイントはこれ以上ありません。
発生場所 行:1 文字:1
+ Stop-ClusterNode -Name $nodename
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : 接続エラー: (: ) [Stop-ClusterNode]、ClusterCmdletException
    + FullyQualifiedErrorId : ClusterEndpointNotRegistered,Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.StopClusterNodeComman
   d

# -FixQuorum を指定して WSFC を起動
PS C:\> Start-ClusterNode -Name $nodename -FixQuorum

Name                 ID    State
----                 --    -----
AGReplica3           3     Joining


# NodeWeight を 1 に設定
PS C:\> (Get-ClusterNode $nodename).NodeWeight = 1

PS C:\> $nodes = Get-ClusterNode
PS C:\> $nodes | Format-Table -property NodeName, State, NodeWeight -AutoSize

NodeName   State NodeWeight
--------   ----- ----------
AgReplica3    Up          1

#クォーラム構成をノードマジョリティに変更
PS C:\> Get-ClusterQuorum

Cluster     QuorumResource                  QuorumType
-------     --------------                  ----------
wincluster  ファイル共有監視  NodeAndFileShareMajority

PS C:\> Set-ClusterQuorum -NodeMajority

Cluster     QuorumResource      QuorumType
-------     --------------      ----------
wincluster                    NodeMajority

PS C:\> Get-ClusterQuorum

Cluster     QuorumResource      QuorumType
-------     --------------      ----------
wincluster                    NodeMajority

次のページ
可用性グループの再開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SQL Server 2012 Deep Dive連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂輪貴行(サカワ タカユキ)

  日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部にて、SQL Server ユーザーの支援を行う。前職はシステム エンジニアであり、長く Sybase を使用したプロジェクトに従事。業界歴 14 年の月一ゴルファー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4638 2013/03/26 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング