SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SQL Server 2012 Deep Dive

Javaエンジニアよ、これがSQL Server JDBCドライバーだ

こんにちは。Premier Field Engineering 部の笹木です。今回はSQL Serverのデータベース機能ではなく、Javaアプリケーションからの接続で使用するJDBCドライバーについて迫ってみたいと思います。

JavaアプリケーションからSQL Serverに接続する

 先日まで「SQL Server 徹底検証シリーズ」という技術資料を書くプロジェクトの支援をしていたのですが、4つあるシステム(シナリオ) のうち3つでJDBCドライバーを使ってSQL Serverに接続するアプリケーションを使用していました。お客様システム導入の技術支援など私の普段の業務でもJavaアプリケーションからSQL Serverに接続している構成はよく見かけるため、Java + SQL Serverという構成も珍しいものではないと思います。

 そんなJavaアプリケーションとSQL Serverの架け橋になるのがJDBCドライバーです。弊社から提供しており以下サイトから無償でダウンロードして使用して頂くことが可能です。現状のSQL Server用JDBCドライバーの最新版はバージョン4.0で、このバージョンは現在サポートされている全てのSQL Server(SQL Server 2005 ~ SQL Server 2012) とWindows Azure SQL Databaseへの接続をサポートしています。また、LinuxやUnix上で動くJavaアプリケーションからSQL Serverに接続することもできます。

 Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server

 

 JavaアプリケーションからSQL Serverに接続する場合、実際にはJava Persistence APIやHibernateといったO/Rマッパーやデータベース接続用フレームワークを経由するのが一般的で、素のJDBC APIを使用することは殆どないかもしれません。それでも、それらのフレームワークの影にはJDBCドライバーが存在するとともに接続URLの設定は必要になると思います。

 そこで、この記事ではJDBCドライバーを把握するためのログ出力と、具体的な2つの接続プロパティの挙動を見てみたいと思います。

次のページ
JDBCドライバーのログ出力を有効にする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SQL Server 2012 Deep Dive連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

笹木幸一郎(ササキコウイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4886 2013/06/11 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング