SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

「握手する姿は想像つかない」―オラクルとマイクロソフトのクラウドサービス提携の裏にあるもの


米国時間の6月24日、これまで敵対していたOracleとMicrosoftが、クラウドサービスで提携するという発表には、ちょっと驚かされた。提携の内容は、OracleのソフトウェアをWindows Server Hyper-VおよびWindows Azureで利用できるようにするというもの。これにより、Java、Oracle Database、Oracle WebLogic ServerなどのOracleソフトウェアを、Windows Server Hyper-VやWindows Azureで利用した場合にOracleから正式なサポートを受けられる。逆にMicrosoftはJava、Oracle Database、Oracle WebLogic Serverなどを、Windows Azureの顧客に対して提供し、OracleはOracle LinuxをWindows Azureの顧客に提供することになる。

IT業界の競合地図を書きかえる大きなできごと

 この提携発表は、MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏、Oracleの社長マーク・ハード氏によって行われた。バルマー氏は「今回の提携により、当社の顧客は当社独自のハイブリッド・クラウド・ソリューションで、オラクル・アプリケーション、ミドルウェア、データベースを、これまでWindows Serverで長年行ってきたのと同様に、柔軟に活用できるようになります」と述べている。一方のハード氏は「今回のマイクロソフトとの協業は、両社の関係を強化するものであるとともに、両社の顧客が享受する利益において重要なものです」と述べた。この2人が握手をしている姿は想像しにくいが、これが今後のクラウド市場変化の兆しとなりそうだ。

まさかの競合が提携 MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏
まさかの競合が提携!
MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏
「両者の関係を強化」と語るOracleの社長マーク・ハード氏
「両者の関係を強化」と語る
Oracleの社長マーク・ハード氏

 もう1つ、米国時間25日にはさらに驚かされることが。OracleとSalesforce.comが「新たな戦略的パートナーシップ」を結ぶという発表が行われたのだ。内容は、Salesforce.comがOracleのOSであるOracle Linux、エンジニアド・システムズのExadata、そしてOracle DatabaseおよびJava Middleware Platformをベースに、自社のサービス環境の標準化を図っていくというもの。

なんとセールスフォースまで!オラクルと「新たな戦略的パートナーシップ」を結んだラリーの宿敵(?)、ベニオフ氏
なんとセールスフォースまで!
オラクルと「新たな戦略的パートナーシップ」を結んだラリーの宿敵(?)
マーク・ベニオフ氏

 一方、OracleはSalesforce.comをOracle Fusion HCM CloudおよびOracle Fusion Financial Cloudに統合する。そして、Salesforce.comのアプリケーションとプラットホームに、Oracleのコア技術を提供する。さらに、Salesforce.comはOracleの人材管理アプリケーションのFusion HCMと会計管理アプリケーションのFinancial Cloudを導入し、逆にOracleはSalesforce.comのCRMアプリケーションのユーザーになると言うのだから驚きだ。

次のページ
とはいえ、「握手する姿は想像できない」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4964 2013/07/23 16:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング