SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BIZ Press

Ziba濱口氏が語る、日本人のイノベーション力が本来最強である理由

Hitachi Platform Solutions World 2013基調講演レポート:後編


2013年7月11日、京橋の東京コンベンションホールにて、株式会社 日立製作所主催により、同社企業向けITプラットフォーム製品の紹介イベント「Hitachi Platform Solutions World 2013~日立とつくろう! 次世代のITプラットフォーム~」が開催された。基調講演では「ビジネスイノベーションと日本~日本人のイノベーション力が本来最強であるその理由~」と題し、数多くの企業のイノベーションをリードしてきた濱口秀司氏(デザインコンサルティング会社Ziba戦略ディレクター)が、日本人はイノベーションが苦手という通説を覆す持論「日本人イノベーション最強説」を展開した。講演レポート第2回の今回は、ブレストの発展のさせ方や日本人の発想法がイノベーションに強い理由などが述べられた後半の内容を紹介する。

ブレストをレベルアップする方法

Ziba戦略ディレクター 濱口秀司氏

 アイデアをランダムに出していくだけのブレストでは「アイデアを生み出す背後にあるパターン」までは見えてこない。濱口氏はブレストに工夫を加えれば、バイアスを見つける段階まで発展させられるという。同氏はブレストを3つのレベルに分類する。

  1. レベル1:アイデアだけを取り扱う
    できるだけ多くのアイデアを出していく通常のブレスト。
  2. レベル2:アイデア出しに、切り口を組み合わせる
    アイデアに、何らかの抽象概念の切り口を組み合わせる。たとえば、新しいタイプのペットボトルの開発についてなら、1日24時間のそれぞれの時間帯に合ったものを考えるといった制約条件を与える。
  3. レベル3:切り口を構造化して、アイデアを作っていく
    前掲の桃太郎やEVの例のように、抽象概念を視覚化、構造化したうえで、アイデアを出していく。
図表1 ブレストの3レベル

次のページ
アイデア出しに終わらせず、“クールファクター”を探れ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BIZ Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

有須 晶子(アリス ショウコ)

上智大学外国語学部英語学科卒業。翻訳会社、編集プロダクション勤務を経て、現在はフリーランスの編集者・翻訳者・ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4975 2013/08/07 01:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング