SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BIZ Press

開発者以外でも「いいプロダクトを作りたい」人に有効な「リーン+アジャイル」な開発とは?

アジャイルアカデミー学長:西村直人氏、講師:角征典氏インタビュー


「リーンスタートアップ」と「アジャイル開発」はセットで学ぶべき

 - 講座のなかで実際に「建物の外に出る」んですか?

角:はい。「建物の外に出る」のは、リーンスタートアップのワークショップではすでに実施されています。たとえば、私がメンターで参加した「Lean Startup Machine Tokyo」では、参加者のみなさんに代官山のTSUTAYAにインタビューに出かけてもらいました。

 しかし、顧客インタビューをしてビジネスモデルを書いて終わり、ではもったいないと思います。そこからビジネスモデルを形にする必要があります。そのためにはプログラマとの協力が欠かせません。そもそも「リーンスタートアップ」とは、アジャイル開発をやっていたプログラマが、どうやって新しいビジネスを立ち上げればいいかという手法です。最近では、その「そもそも」の部分が忘れられているような気がします。リーンスタートアップについて学ぶときには、アジャイル開発もセットで学ぶべきです。

西村:本当は両方あって、リーンスタートアップですよね。

角:そうですね。「リーンスタートアップ」と「アジャイル開発」を組み合わせて1日で完結するワークショップは、今回開催させていただくこのアジャイルアカデミーにしかないと思います(笑)。

チーフエンジニアとしてのプロダクトオーナー

角:スクラムの作者であるジェフ・サザーランドは、トヨタの「チーフエンジニア制度」を参考にしたと言っています。これは『リーン・スタートアップ』(日経BP)に出てくる話ですが、ミニバンのチーフエンジニアは市場調査のために自ら全米をまわったそうです。

西村:レクサスのチーフエンジニアが、ドイツのアウトバーンを何度も走りに行った話もありますね。今回のワークショップの背景にある「プロダクトオーナーも開発手法を知るべきだ」という発想は、そうしたチーフエンジニアのことを考えてみても、やっぱり必要だと改めて思いました。

角:現場に足を運んだあとに、プログラマに「こういうのを作って欲しい!」という熱意を伝えたら、自然と「よし、やってやろう!」となるはずです。プログラマに限らずエンジニアは、そういう気質を持っています。ここを理解しているかいないかは、プロダクトの成果に大きな差をもたらすと思います。

西村:ジェフ・サザーランドも、プロダクトオーナーが成功する一番の理由は「パッション」だと言及していました。

角:熱意を見せれば、プログラマも協力を惜しまないですね。

西村:「リーンキャンバス」を書き、ユーザーにインタビューを実施し、失敗しながらビジョンを修正していくことが、そうした熱意につながるんでしょうね。もちろん熱意だけではプロダクトは作れないので、アジャイル開発を理解する必要がありますね。

次のページ
天才ではなく、「普通の人」がチームで価値を創造する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
BIZ Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アジャイルアカデミー事務局(アジャイルアカデミージムキョク)

翔泳社の主催するアジャイルアカデミー事務局の中の人です。   アジャイルアカデミーは、4半期に1度のペースであなたの現場に合ったアジャイルをスタートさせるための実践型ワークショップを1週間開催します。それぞれ1日完結コースですので、プログラマからマネジメントまで、皆様のご参加心よりお待ちしております。   イベント詳細は公式ページから参照ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5050 2015/06/11 11:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    塩野義製薬データサイエンス部が開発した「AI-SAS」とは?データで変革を起こすチームと開発の裏側を訊ねる
  2. 2
    ITに積極投資する中外製薬に学ぶ「ITガバナンス」のあり方 可視化したデータにもとづく戦略的な判断を
  3. 3
    リリース前の宣伝までしたSaaSの開発が失敗──ベンダーとユーザー、それぞれが負う責任を実際の裁判事例から考える NEW
  4. 4
    生成AIコンサルタントによる5つの「ChatGPT」実務活用例、“3つのポイント”で社内浸透させる NEW
  5. 5
    自治体DXで先行するさいたま市、データ活用は「職員自らする」──“外部委託の限界”を感じ辿り着いた姿
  6. 6
    データ活用の裏に見えるIT部門の疲弊……“誰でもすぐに”を叶えるデータ収集環境の構築術とは
  7. 7
    みずほフィナンシャルCDOや松尾豊氏らが議論「コンタクトセンターへの生成AI実装がなぜビジネスの常識を変えるのか」
  8. 8
    ガートナーの専門家が語るDBMS市場のマジック・クアドラント、熾烈極めるクラウドデータベースの局面
  9. 9
    みずほリース×日立が3ヵ月で全社規模のデータ活用基盤を構築できた理由とは?プロジェクトの裏側を振り返る
  10. 10
    ITRに聞く、生成AIの実態動向と導入のポイント──期待値との調整、RAGの落とし穴、ガイドライン策定のチェックリスト

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    塩野義製薬データサイエンス部が開発した「AI-SAS」とは?データで変革を起こすチームと開発の裏側を訊ねる
  2. 2
    ITに積極投資する中外製薬に学ぶ「ITガバナンス」のあり方 可視化したデータにもとづく戦略的な判断を
  3. 3
    リリース前の宣伝までしたSaaSの開発が失敗──ベンダーとユーザー、それぞれが負う責任を実際の裁判事例から考える NEW
  4. 4
    生成AIコンサルタントによる5つの「ChatGPT」実務活用例、“3つのポイント”で社内浸透させる NEW
  5. 5
    自治体DXで先行するさいたま市、データ活用は「職員自らする」──“外部委託の限界”を感じ辿り着いた姿
  6. 6
    データ活用の裏に見えるIT部門の疲弊……“誰でもすぐに”を叶えるデータ収集環境の構築術とは
  7. 7
    みずほフィナンシャルCDOや松尾豊氏らが議論「コンタクトセンターへの生成AI実装がなぜビジネスの常識を変えるのか」
  8. 8
    ガートナーの専門家が語るDBMS市場のマジック・クアドラント、熾烈極めるクラウドデータベースの局面
  9. 9
    みずほリース×日立が3ヵ月で全社規模のデータ活用基盤を構築できた理由とは?プロジェクトの裏側を振り返る
  10. 10
    ITRに聞く、生成AIの実態動向と導入のポイント──期待値との調整、RAGの落とし穴、ガイドライン策定のチェックリスト