SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

イベントの秋!さて、どれに参加すべきか


先週の台風26号では、残念ながらかなり大きな被害が出てしまった。東京でも交通が大混乱し、朝早くに家を出たのに、会社に着いたのは昼頃なんてこともあったようだ。今週もさらに規模の大きな台風27号がやってきそうで、より一層の注意が必要だ。台風のような不安要素があると、イベント担当者は頭を悩ますことに。先週も17日木曜日に予定されていた記者発表会は、16日夕方段階で軒並み中止との連絡が入った。この中止の判断は、もちろん賢明なもの。とはいえ、担当者はぎりぎりまで悩み、その後は対処に奔走したはずだ。今週以降も、IT業界ではたくさんのイベントが開催される。大規模なカンファレンスイベントとなると、天候による中止の判断は容易いものではないだろう。

台風の影響が心配される今週の注目イベント

ホワン・ロアイザ氏の講演に注目
ホワン・ロアイザ氏の講演に注目

 10月22日、23日に東京で開催されるのが「Oracle Days Tokyo 2013」。このイベントは先月サンフランシスコで開催されたOracle OpwnWorldのフォローアップイベントと位置づけられるものだ。中でも、22日の基調講演に登壇するホアン・ロアイザ氏の講演には注目している。彼はデータベース・サーバーテクノロジー シニア・バイスプレジデントという立場であり、Oracle Exadataの開発においても中心的な存在だ。当日は、Oracle Database 12cの次なる目玉機能、インメモリーデータベースについても説明があるはず。台風の動きはいまのところ遅いようなので、この両日はなんとか天気は持つのかなと思うところ。

 さて、かなり台風の影響が心配なのが、リード エグジビションが主催する「Japan IT Week 秋」。こちらは会場が幕張で、日程は23から25日まで。DB Online的には、「ビッグデータ&データマネージメント展」が気になっており、中でも新潟大学法学部教授の鈴木正朝氏の「ビッグデータ・ビジネスのためのプライバシー・個人保護法制の考え方」というセッションはちょっと聴いてみたい。

翌週以降もイベント多数、さてどれに参加するべきか

 翌週もイベントは重なる。10月30日開催で注目なのが「Salesforce Customer Company Tour」だ。セールスフォース・ドットコム開催するイベントとしては、国内最大規模のもの。CEOマーク・ベニオフ氏も来日し基調講演を行うので、またあのマシンガントークを聴くことができるはずだ。面白いのが、同社がこれを「体感イベント」と位置づけていることだ。たんにベンダーからの一方的なメッセージを聴くだけでなく、参加し、参加者同士がコミュニケーションを取ることで新たなアクションのきっかけを掴む場になっている。なので展示会場ではランチも無料で提供されるし、講演終了後にはビールや軽食も用意される「ネットワーキング・レセプション」もある。これらで、セッションの余韻のさめやらない内にその内容について、仲間と会話ができるだろう。

 さらに、ベニオフ氏の基調講演はもちろん、午後に行われるブレイクアウトセッションでも、多くの成功企業の事例が紹介される。これが「Customer Company Tour」という名前の由来でもあり、ベンダーから学ぶのではなく成功企業からクラウド、モバイル、ソーシャルネットワークの活用方法を学ぶのだ。現状多くの企業が、これら最新ITトレンドの活用に頭を悩ませている。すでに先行しこれらを活用する企業、団体が多数登場するので、実際にどんな点で苦労し、どんなところが成功のポイントになるかを聴けるはずだ。さらに、講演を行った講師がネットワーク・レセプションに参加する可能性も。彼らを見つけ、抱いた疑問を直接訊ねる機会もあるかもしれない。セッションはすでに満席なものも出ているようなので、エントリーはお早めに。

 同じ30日には、ウィングアークが「WingArk Forum 2013」を開催する。同社は帳票で有名だが、ここ最近はクラウド、BIに力を入れている。BIツールのDr.Sum EAは、国内にも多数のユーザーおり、使い勝手がいいとの評判も多い。今回のカンファレンスでちょっと面白いなと思うのは、基調講演に最近話題のTreasure Dataが登場すること。Treasure Dataは、クラウド型のビッグデータプラットホームであり、これは今後かなり成長が期待できる領域。国内で同社の話が聞ける機会はまだそれほど多くないので、クラウドでビッグデータを活用するというのはどういうことなのか、気になる人は参加してみてはいかがだろうか。

 その後の11月も、興味深いイベントが続く。11月8日は「cybozu.com conference 2013」が東京ドームホテルで開催される。国産クラウドサービスとして、大きく成長しているcybozu.comの現状とこれからの話が聞けるはずだ。個人的には、ずっと注目し続けているkintoneの話を訊きに行きたいところだが、じつはこの週に米国ラスベガスでIBMが開催する「Information OnDemand 2013」に参加する予定。こちらでは、最新のIBM DB2やPureDataの話題があるだろう。さらに世界のビッグデータ活用の最新状況も紹介されるはず。こちらについては、米国から記事でレポートする予定だ。

 こういったイベントは、参加するだけでちょっと満足してしまう傾向がある。セールスフォースの言うように、参加して体感し、次なるアクションのきっかけを掴まないともったいない。情報収集だけでなく、何らか「次のアクション」を意識するだけでも、貴重な時間を費やす価値は高まるはずだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5271 2013/10/21 15:31

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング