Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マイクロソフト、日本法人としては初となる「CIO」を設置

  2007/08/01 11:00

「Plan-J」に邁進するマイクロソフトが、同社の日本法人としては初となる最高情報責任者(CIO)職を設置した。

 マイクロソフト株式会社が、初の最高情報責任者(CIO)職を設置する。CIOに就任するのは、前・執行役/経営戦略担当の鈴木協一郎氏。8月1日からの新たな肩書きは執行役/日本・アジア担当 最高情報責任者となる。

 鈴木氏の業務の拠点は東京だが、CIOとしての責任範囲は、日本・中国・アジア太平洋地域に渡る。また、同氏の直接の上司にあたるのは、ダレン・ヒューストン代表執行役社長。

 CIOの設置は、現在マイクロソフトが推進している「Plan-J」の取り組みの一環だと同社は説明している。「Plan-J」とは、2005年7月にマイクロソフト株式会社の代表執行役社長に就任したダレン・ヒューストン氏が、マイクロソフトの日本における今後3年間の企業活動の基盤となる経営方針として発表した計画。マイクロソフトとして日本社会に根付いた企業を目指し、日本社会の更なる発展のために様々な活動を通して貢献し、また日本における事業の拡大を目指している。

【参考】 CIOの設置に関するプレスリリース(microsoft)  「Plan-J」とは(microsoft)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5