Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エンバカデロ、大規模データモデル、DWH対応を強化したデータベースツールの新バージョン

2014/02/19 14:00

 米エンバカデロ・テクノロジーズは、データベースツール「ER/Studio」「DBArtisan」「Rapid SQL」「DB Optimizer」「DB Change Manager」の新バージョン「XE5」(英語版)を2月18日(現地時間)にリリースしたと発表した。新バージョンでは、Teradataのサポート強化や主要なデータベースの最新バージョンのサポートなどが行われた。

 新バージョン「XE5」は、膨大なデータに対応し、より大規模で多様なプラットフォームをサポートしているという。これにより、今日の複雑な環境に対応するとともに、ガバナンスやコンプライアンスの促進にも役立つとしている。

 「ER/Studio XE5」では、Teradataのサポートを強化、これによりデータウェアハウス技術者は、論理モデルと物理モデルを用いて、よりよいデータウェアハウス管理を実現できるという。

 新バージョンは、マルチレベル・パーティション・プライマリ・インデックス(MLPPI)や、テンポラルデータ型を使用する必要のあるようなTeradataユーザーに、より大規模なデータウェアハウス構築のための支援機能を提供するとしている。

 クロスプラットフォームSQL開発/デバッグツールである「Rapid SQL XE5」、クロスプラットフォームデータベース管理ツール「DBArtisan XE5」は、Oracle 12c、SQL Server 2012、Sybase ASE 15.7、IBM DB2 z/OS 10 / LUW 10に対応した。

 また、Windows 8のサポートに加え、64bit版も新たに提供開始し、64bit OSをネイティブサポートしている。

 データガバナンスを推進するメタデータ管理ならびにコラボレーションインフラ「CONNECT」の新バージョンでは、拡張されたメタデータの警告表示や、セキュリティならびにコンプライアンスに関する警告を示すツールチップ機能の強化などの新機能が搭載されているという。

【関連リンク】
「エンバカデロ・テクノロジーズ」のWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5