Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インテル、ビッグデータやリアルタイム分析向けCPU「Xeon E7 v2」を発表

2014/02/19 14:30

 インテルは、大容量サーバー向けの新しいCPU「Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表した。

 「Xeon E7 v2」は、大量かつ多様なデータをリアルタイムで処理・分析することで、従来では活用できなかった新たな情報から潜在的ニーズを企業に提供するという。

 「Xeon E7 v2」は、従来のプロセッサーと比べ、3倍のメモリ搭載容量を備えているため、企業が所有する顧客情報や取引に関するデータベース全体の読み込みや分析がインメモリにより可能になり、より高速かつ詳細なデータ分析を実施できるという。

 新CPUは、最大15コアで、ソケットあたり最大1.5テラバイトのメモリ、最大で32のソケットを備える。  これは、前世代の製品と比較して、性能面で平均で2倍の向上。性能と拡張性あるメモリ搭載容量との組み合わせにより、ビジネスサポートシステム(BSS)、CRM、ERP、大容量のデータベース処理などのミッションクリティカルなアプリケーションを高速に運用することができるという。

 また、新CPUは、インテル インテグレーティドI/Oインテル データダイレクト I/Oを搭載しており、従来製品と比べてI/Oの帯域幅を4倍に拡大しているという。

 それにより、さらに広範な帯域幅を提供することでボトルネックを削減するため、ストレージからの高速なデータ移行を実現し、高度な分析アプリケーションにも対応するとしている。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5