SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

Marketoが日本法人を設立、2014年は日本のマーケティングオートメーション元年になる


 「2014年が日本のマーケティングオートメーション元年になります」・・・サンブリッジコーポレーションのCEO アレン・マイナー氏は、株式会社マルケトの設立の記者説明会でそう宣言した。マイナー氏は日本オラクルの立ち上げにも関わり、セールスフォース・ドットコムにも出資し日本への進出を後押した。これまでにベンチャーキャピタルとして米国の優れた企業を何社も日本に展開しており、今回のマルケトはセールスフォース・ドットコムやコンカーに続く5社目のユニークな企業だと言う。

Marketoはセールスフォース・ドットコムやコンカーに続く成功企業になる

マイナー氏
マイナー氏

 マルケトはマーケティングオートメーション・ソフトウェア大手ベンダーMarketo Inc.の日本法人。今回はMarketoが60%、電通イーマーケティングワンが20%、サンブリッジが20%という比率で共同出資し、合弁会社として日本法人を設立した。マイナー氏は、日本でこういった企業が成功するために一番重要なのは、米国本社サイドが、日本に対してきちんとコミットすることだという。

 「米国本社のマネージメントが、日本とうまくやれるかが重要です」(マイナー氏)

 さらに大事なのが、日本のトップマネージメント。新たに進出する分野においてその業界をリードできる人物でなければならない。今回のタイミングで新たな日本法人社長は正式発表されていないが、マイナー氏によればかなり期待できる人物だとのこと。新社長については準備が整い次第発表される予定だ。

 そのためには、Marketo本社に対し日本のローカライゼーションで必要となることをどんどん提言していくとのこと。なので、今回は出資も行い役員も派遣する。単なる販売代理店ではなく、供にビジネスを進めるパートナーとなるのだ。 もう1つ大事なのが、日本市場を開拓できるパートナーの存在だ。その部分は今回電通イーマーケティングワンが担うことになる。同社には、電通グループの一員として長くに渡りマーケティングソリューションを提供してきた実績があり、これまでもマーケティングの高度化に貢献してきた。

 「マルケトの参入に伴い、さらにマーケティングを高度化できる。それを考えると、ドキドキする」と語るのは、電通イーマーケティングワン 代表取締役社長の長濱 薫氏。マーケティングオートメーションの日本市場を開拓していくのが同社の使命だという。

次のページ
Marketoは優れたソフトウェアは提供するけれどソフトウェアの会社ではない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5721 2014/03/27 11:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング