SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

利益確保より拡大を図る時期、パブリッククラウド値下げでAWSに追随--NTT Com有馬彰氏「Global Cloud Vision 2014」を解説

 NTTコミュニケーションズは4月15日、2011年10月に発表したサービスビジョン「Global Cloud Vision」の進捗に関する記者説明会を開催。代表取締役社長の有馬彰氏が実績と今後の展開を解説した。

ファクトリーモデルの導入、パブリッククラウド値下げでAWSに追随

 NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長の有馬彰氏
▲NTTコミュニケーションズ 
代表取締役社長 有馬 彰氏

  Global Cloud Visionは、ネットワークやアプリケーション、ボイス、セキュリティ、運用管理などをクラウドに移行し、グローバルで共通品質のサービスをシームレスに提供することで、顧客の経営改革に貢献しようというもの。2015年度にクラウド/データセンター事業で2000億円以上の収益を目標にしている。現在は、サービスやデータセンター拠点の強化、拡充を中心に取り組みを進める「利益確保より拡大を図る時期」に位置づけられている。

 2014年版の新しい内容としては、グローバルで提供するサービスの開発/オペレーションについて「フェデレーションモデル」から「ファクトリーモデル」へ移行すること、パブリッククラウド「BizホスティングCloudn(クラウド・エヌ)」の最大31%の値下げ、BizホスティングEnterprise Cloudで中国(上海)とインドでのデータセンター拠点の設置、SDNを活用したVLAN多重化機能、クウラドとVPNの接続をカスタマーポータル経由で自動化する機能などが明かされた。いずれも2014年夏をめどに提供される予定。

 値下げ合戦が激しくなっているパブリッククラウド市場については「拠点などのインプリメントはわれわれが進んでいると思うが、機能面や価格面では、AWSなどに遅れをとっている。当然、追いついていかないといけないと思っている。違いとしてはトータルサービスであり、クラウド専業でないこと」とコメントした。

 発表にあたった代表取締役社長の有馬彰氏は、昨年までの進捗として、データセンターの拠点数が153拠点(24.6万㎡)となりAPACで最大規模になったことや、クラウドサービス(BizホスティングEnterprise CloudとCloudn)の顧客数が2012年の2400社から2013年に4900社と倍増したこと、マネージドセキュリティサービス(WideAngle)の契約機器台数が2012年の7300から2013年の8500に増えたことなど、順調に規模を拡大していることを紹介した。

 海外企業の買収も積極的に進めた。2014年には、会議サービスの仏arkadin、データセンター事業の米RagingWire Data Centers、ネットワーク事業の米Virtela Technology Servicesの買収を完了する予定で、グローバルでの調査会社の位置づけも「リーダー」にランクしてきたという(IDCの2013年12月発表の「APAC地域のDC・クラウドサービス評価レポート」、ガートナーの2014年3月発表の「Magic Quadrant for Global Network Service Providers」)。

 クラウド化の国内ユーザー事例としては、各国の1700台のサーバの7割をクラウド化(BizホスティングEnterprise Cloud)しコストを30%削減したHOYA、生産・調達管理、製品開発など基幹システムを含め99%をクラウド化したヤマハ発動機、クラウド型音声基盤(Arcstar UCaaSなど)を全世界で導入した全日本空輸を紹介した。

 データセンター拠点の推移
▲データセンター拠点の推移 出所:NTTコミュニケーションズ
 ファクトリーモデルのイメージ
▲ファクトリーモデルのイメージ 出所:NTTコミュニケーションズ

次のページ
他社と差別化できる3つの"バリュー"とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤公二(サイトウコウジ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5786 2014/04/17 11:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング