SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

図解!基礎から学び直す情報セキュリティ入門

家電や自動車がサイバー攻撃の対象になる時代の情報セキュリティを考える

■第10回(最終回)

 これまで、情報セキュリティやその対策の考え方やポイント等について解説してきましたが、この連載もいよいよ最終回となりました。最終回である今回は、これからの情報セキュリティ動向について私の予想を交えて解説いたします。

自動車がサイバー攻撃の対象になる時代

 現代は、様々な技術が急速に変化し進歩しています。情報通信技術(ICT)は、その中でもより変化の速いものではないでしょうか。

 特に、ここ数年での大きな変化として、モバイル通信、クラウドコンピューティング、ソーシャルメディアの普及が挙げられます。PCはデスクトップからノート型が主流になり、さらにはタブレット端末が使われるようになってきています。携帯電話もスマートフォンへと急激に移行しています。

 今までは、利用が難しかったものも、クラウドコンピューティングやソーシャルメディアなどのサービスを利用することにより、簡単に使えるようになりました。その結果として、情報の窃取やなりすまし、乗っ取りなどを目的とした攻撃が増加し、スマートフォンやタブレット端末などの情報機器やクラウドコンピューティングやソーシャルメディアなどのアカウント情報が狙われるようになってきました。

 その他にも様々なところで、情報セキュリティ対策が求められています。そのうちのいくつかを挙げてみましょう。    

 まず、コピーやFAX、プリンター、スキャナーなどの機能を持ったデジタル複合機です。

 オフィスで使用されているデジタル複合機の多くは、ネットワークに接続されています。デジタル複合機はPCと同様にOSを搭載し、インターネットでの管理、サーバとの連携などの機能を備えるようになりました。そのため、ネットワーク上の通信データの盗聴、遠隔からの管理機能乗っ取りなどの危険にさらされています。また、廃棄やリース期間完了の返却時に、機器のメモリーなどの中に残存するデータからの情報漏えいなどのリスクもあります。デジタル複合機でも、このような脅威を考慮した運用が求められるようになりました。

 次に、自動車です。自動車にも様々な機能やソフトウェアが組み込まれるようになり、安全性や利便性が図られています。そして、近年の急速なネットワーク環境の発展により、自動車とインターネットを接続し、自動車が持つ情報の活用や、PCやスマートフォンなどからの自動車内の情報へアクセスする機能の開発が進められています。その結果、様々なネットワークと自動車が繋がることによって、自動車がサイバー攻撃の対象とされ始めています。

▲図:自動車を取り巻く機器・機能や脅威
出典:「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」~IPAセキュリティセンター

次のページ
様々な機器がインターネットに接続し始めている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
図解!基礎から学び直す情報セキュリティ入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ラック 長谷川 長一(カブシキガイシャラック ハセガワ チョウイチ)

株式会社ラック セキュリティアカデミー  プロフェッショナルフェローソフトバンク、日本ユニシスを経て、現職。情報セキュリティコンサルティング、情報セキュリティ監査業務を経て、現在は主にセキュリティ教育業務を担当。政府機関やIT資格団体等の委員も務めている。主な所有資格は、CISSP。主な著書(共著)は、「情報セキュリティプ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5917 2014/07/04 00:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング