Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ワタベウェディングが顧客動向の分析に「QlikView」を採用

2014/07/28 14:00

 アシストは、同社が取り扱う連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」(開発元:米Qlik Technologies)が、ワタベウェディングの経営課題にアプローチする分析プラットフォームとして採用されたと発表した。

 ワタベウェディングは、海外および国内挙式サービス、ウェディングドレスの製造販売/レンタル、スタジオフォト(婚礼写真)などのウェディング事業を展開する国内最大手のブライダル企業。

 全国に展開する36の店舗では、来店した顧客にカウンセリングを実施しながら、一組一組の理想のウェディングの実現に向けて、挙式やパーティ、旅行など、特別な日の演出をトータルに提案/プロデュースしているという。

 ワタベウェディングでは、主力事業である挙式/衣裳/スタジオフォトの毎週の営業状況をWebブラウザ上でパフォーマンスよく閲覧/分析できる環境を求めていたという。

 また、店舗でのカウンセリングをはじめとする来店情報と受注の実績情報とを連携して分析することで、相関を見い出したり、顧客の趣向や傾向を捉える方法を模索していたという。

 そのために、BIツールの導入を検討した結果、経営層と全国の店舗マネージャが分析を深められ、各店舗でのカウンセリング強化等のアクションにつなげられるツールとして、「QlikView」の採用を決定した。

 「QlikView」を採用した理由と、活用効果は次のとおり。

 1. QlikViewでは、最新のデータをロードするだけで自動的に集計され、結果がレポートで表示されるため、正確で迅速な集計結果を必要な時にすぐに参照できる。

 2. 過去の実績データをさかのぼって参照するには、以前は複雑な手作業を要したが、「QlikView」により簡単にアクセスでき、かつ詳細な条件を設定して必要なデータを入手できる。

 3. 来店/受注実績のデータや、挙式/衣裳/スタジオフォトの事業データは、以前は別々のドキュメントで管理されていたが、「QlikView」に集約したことにより、それぞれの相関や顧客動向を見い出せる。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5