Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、経営管理ソリューション「Oracle Hyperion」をクラウド型サービスで提供

  2014/08/25 14:40

 日本オラクルは、経営管理ソリューション「Oracle Hyperion」の初のクラウド型サービスである「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を、8月25日から国内で提供する。

 「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」は、従来、オンプレミス形式で提供されてきた「Oracle Hyperion Planning」の予算管理、管理会計などの機能を、月額課金制のSaaS (Software as a Service)形式で提供するもの。

 これにより企業は、業務上のニーズや既存のシステム環境に応じて、オンプレミス形式もしくはクラウド形式を選択、あるいは両者を併用することが可能となるという。

 「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」では、「Oracle Hyperion」に蓄積されてきたノウハウや、国内20社以上のパートナーが提供する業種別・業務別テンプレートをそのまま活用することができる。

 「Oracle Hyperion Planning」のグローバル対応や迅速な予算編成、フォーキャスティング、予実分析、豊富なシナリオ分析といった機能や、対話的なWebおよびMicrosoft Excel画面による直感的な操作性は、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」にもすべて受け継がれているという。

 「Oracle Hyperion Planning」に対して「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」で強化された機能は次とおり。

 ・業務ユーザーによる構築・運用を支援する事前構築済みのスターター・キットと直感的なウィザード機能

 ・対話的なオンライン・ヘルプおよびチュートリアル、データ連携ツール

 ・パフォーマンスなどの管理支援のための診断機能

 なお、早期採用企業向けに、3年契約を結んだ場合、18カ月分の月額使用料が無料となる割引キャンペーンを8月25日から11月末まで実施する。

【関連リンク】
サービスと割引キャンペーンの詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5