Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第3回を迎える「OpenStack Days Tokyo 2015」を2月3日・4日に開催

  2014/11/25 12:20

 日本OpenStackユーザ会(JOSUG)のOpenStack Days Tokyo2015実行委員会は、OpenStack専門カンファレンスである「OpenStack Days Tokyo 2015」を、2015年2月3日・4日(水)の2日間、東京・品川のグランドプリンスホテル高輪で開催する。11月25日から参加登録の受付を開始した。

 オープンソースでクラウドインフラを構築・運用できるOpenStackは、今後のIaaSの標準になるとして注目を集めており、2014年2月に開催された第2回「OpenStack Days Tokyo」は、国内外27社が参加し、約1,100名の来場があった。第3回は、国内外40社の参加が決定しており、2日間で2,000名の来場を見込んでいるという。

 「OpenStack Days Tokyo 2015」は、「創る、活かす、つなぐ」をテーマとして、仮想サーバー、ネットワーク、ストレージ管理用の各種機能セットについて、既存オンプレミス/プライベートクラウド/パブリッククラウドのハイブリッド運用に向けた導入・移行のポイント、コミュニティやエコシステムの活用法、OpenStackの今後など、さまざまな方向から最新情報が得られるプログラムを展開する。

 初日の基調講演は、OpenStack FoundationのCOOとして、OpenStack開発コミュニティとビジネスエコシステムを成長させるためのマーケティングやビジネスディベロプメントを主導するマーク・コリアー氏により、コミュニティの最新情報や、グローバルのOpenStackエコシステムや最新の導入事例などについて講演する。

 2日目の基調講演は、「スーパーユーザインタビュー ~なぜ彼らはOpenStackを使うのか?~」と題して、仮想化基盤からOpenStackクラウドへの移行を進める楽天、ならびにVPSからクラウドへ、あらゆるサービスの基盤としてOpenStackを活用するGMOインターネットに、黎明期からOpenStackを追い続けている第一人者である三木泉氏が、ビジョン、課題について講演する予定。

 ■開催概要

  •  名称:OpenStack Days Tokyo 2015
  •  テーマ:創る、活かす、つなぐ
  •  日時:2015年2月3日(火)・ 4日(水)10:00~17:30
  •  会場:グランドプリンスホテル高輪 B1F(東京・品川)
  •  定員:2,000名(予定)
  •  参加費:無料(事前登録制)
  •  主催:OpenStack Days Tokyo 2015 実行委員会
  •    Webサイト:http://openstackdays.com/

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5