Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ERP/業務ソフトウェアは自社開発からパッケージへの移行が進む――矢野経済研究所が調査

2015/03/20 15:00

 矢野経済研究所は、ERPや業務ソフトウェアにおける自社開発システムとSaaSの利用意向について、国内の民間企業等に対して法人アンケート調査を実施し、その結果の概要を発表した。

 この調査は、日本国内の民間企業及び地方自治体等617社・団体を対象として、2014年7月~10月にかけて郵送アンケート調査で実施された。結果の概要は次のとおり。

自社開発システムからパッケージソフトウェア利用への移行が進む

 国内の民間企業及び地方自治体等への法人アンケート調査結果によると、現在の自社開発システムの利用率は、販売管理システムが51.1%、生産管理・SCMシステム(加工組立製造業)56.0%、同(プロセス製造業)56.3%で、これらの業務分野ではまだ5割以上の企業が自社開発システムを利用している。

 また、システム更新及び導入予定のある企業のうち、次回のシステム導入形態を自社開発システムと回答した比率は、販売管理システムが28.7%、生産管理・SCMシステム(加工組立製造業)22.6%となり、現在の利用率からは20~30ポイント減という結果になった。

 パッケージソフトウェアの機能向上や業種・業務に対応したテンプレートの提供によってパッケージソフトウェアの利用が促進されており、今後自社開発システムからパッケージソフトウェア利用への移行がさらに進むと推測する。

自社開発システム利用率と次回システム更新時の自社開発導入予定率(作成:矢野経済研究所)

SaaSはCRM・SFAでは優先的に利用、それ以外ではクラウド化の進展は遅い

 現在SaaS(SoftwareasaService)の利用率が最も高い業務分野はCRM・SFAで12.9%となった。システム更新及び導入予定のある企業のうち、次回のシステム導入形態がSaaSと回答した比率は、財務・会計システムが5.1%で現在の利用率2.4%からは微増に留まったが、CRM・SFAは29.0%で、現状より16.1ポイント増と大きく伸びている。

 CRM・SFAは、外資系大手ベンダーを筆頭に有力なSaaSベンダーが市場を牽引しているため、パッケージソフトウェアではなくSaaSが優先的に利用される見通しである。他の業務分野ではユーザ企業のSaaS利用意向はあまり強くないため、クラウド化は緩やかに進んでいくと推測する。

SaaS(ASPを含む)利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定率(作成:矢野経済研究所)

 なお、この調査の詳細は、矢野掲載研究所が発行する「ERP/業務ソフトウェアの導入実態2015-会計、人事、販売、SCM、CRM-」(2015年3月10日発行)にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5