Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウイングアーク1st、情報活用ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.5.5」を発表

2015/03/26 15:00

 ウイングアーク1stは、1,000を超える機能強化・改善で利便性の向上を図った情報活用ダッシュボード「MotionBoard Ver.5.5」を、5月13日に発売すると発表した。

 「MotionBoard」は、豊かなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化する情報活用ダッシュボード。専門知識を必要とせず直感的に使える操作性と、さまざまな要求に対応可能な柔軟性のある表現力、タブレットでいつでもどこでも情報を入手できる機動力を兼ね備え、現場部門でのデータ分析・活用を支援するという。

 最新版の「MotionBoard Ver.5.5」は、1,000を超える機能強化・改善で利便性の向上を図っているほか、標準搭載している地図の活用や、帳票レポート作成による分析結果の報告・共有、クラウドとオンプレミスのセキュアかつ効率的な連携の実現など、より進んだデータ活用を提案するとしている。

 最新版の主な特徴は次のとおり。

 ・住所情報をそのまま活用できる「リアルタイムGEOコーディング」:地図上に住所を丁目番地レベルで可視化するには、住所を緯度経度へ変換するGEOコーディングが必要。超高速で「リアルタイムGEOコーディング」を実現。

 ・地図をより便利に活用:GEOアイテム(地図機能)は、時間の経過に伴う変化の表現、地図上の範囲選択によるエリア内の会員数・性別年齢などの会員情報の絞り込み、モバイルで撮影した写真の地図上への自動表示などに対応。

 ・高度な分析を手軽に:「MotionBoard」は、高度かつ複雑な分析もマウス操作のみで簡単に実施。

 ・ダッシュボード情報を帳票レポートに:ダッシュボード上に表現した情報を、帳票レポートとして出力可能。「MotionBoard」の画面上で簡単にレイアウト設計する機能を追加し帳票出力できるようになったほか、SVFコネクターにより、18,000社の導入実績のある帳票基盤ソリューション「SVF」の機能を利用した帳票出力が可能に。

 ・クラウドと社内データを簡単につなぐ「MotionBoard Bridge Service」「File Connector」:異なるネットワークをつなぎ、効率的な集計を実現。例えば、MotionBoardはクラウド上に構築し、データベースはオンプレミスに、各種ファイルはクラウドストレージに存在するといった環境において、VPNや専用線を使用せずにデータ活用が可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5