Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年の国内タブレット端末出荷台数は前年比8.0%増の804万台――IDC Japanが発表

  2015/03/30 15:30

 IDC Japanは、国内タブレット端末(eReader端末を除く)の2014年第4四半期(10~12月)、および2014年通年の出荷台数を発表した。

 発表によると、2014年の国内タブレット端末の出荷台数は、前年比8.0%増の804万台。個人市場向け出荷台数は、アンドロイドOS搭載を中心としたタブレット端末の販売不振から減少傾向が続いたことで、前年比4.2%減の569万台となった。

 その一方で、法人市場は教育市場向けを中心とした需要が拡大したことで出荷台数が増加し、前年比56.7%増の235万台となった。

 ベンダー別では、2014年第2四半期(4~6月)からNTTドコモ向けに「iPadシリーズ」の供給を開始し、その後も年間を通して安定した出荷を続けたアップルが、シェア44.3%で首位となっている。

 また、アンドロイドOS搭載を中心とした戦略から、Windows OS搭載の投入を並行させる製品戦略へと舵を切った台湾エイスースが、シェア10.3%で第2位となっている。以下は、富士通がシェア8.0%で第3位、ソニーがシェア6.5%で第4位に続く結果となった。

2014年 国内タブレット端末の出荷台数 ベンダー別シェア(作成:IDC Japan)

 2014年第4四半期のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比9.8%増の245万台。プラス成長の主要因としては、個人市場では、アップル社の「iPadシリーズ」の出荷が好調であったこと、法人市場においては、教育市場向けを中心としてアンドロイドOS搭載、およびWindows OS搭載の需要が拡大し、それに伴い出荷台数が増加したことが挙げられる。

 同四半期期におけるベンダー別出荷台数シェアは、4G回線付き「iPadシリーズ」を中心として出荷台数を伸ばしているアップルが44.9%となり、第1位の座を堅守している。

 アップル同様、NTTドコモ向けを中心にLTE搭載タブレットの出荷台数を伸ばした富士通は、シェア8.3%で第2位。また、Windows OS搭載タブレットの出荷台数を増やしたエイスースがシェア5.9%で第3位となった。以下、NECレノボグループが第4位、ソニーが第5位となっている。

2014年第4四半期 国内タブレット端末の出荷台数 ベンダー別シェア(作成:IDC Japan)

 なお、今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Tablet Tracker」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5