Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立システムズ、「Chromebooks for Work」を活用した仮想デスクトップソリューション

2015/06/04 12:40

 日立システムズは、仮想デスクトップソリューションの強化のため、Googleの「Chromebooks for Work」と「Chrome 管理コンソール(CMC)」を活用した仮想デスクトップソリューションを6月4日から販売すると発表した。

 新製品は、業務用端末として注目が高まっている「Chromebook」とそれらを効率的に管理するための「CMC」、仮想デスクトップ環境構築、運用サービスをワンストップで提供する仮想デスクトップソリューション。

 「Chromebook」は、Googleが開発した「Chrome OS」を搭載した新しいタイプのPCで、ネットワーク接続によるWebアプリケーションの利用やクラウドストレージへのデータ保存を前提としているため、高い処理性能や大容量のデータ記憶装置などを必要としないことから比較的安価に導入が可能だという。

 また、OSのアップデートやマルウェア対策などのセキュリティ対策機能も標準機能としてサポートされているため、端末個別のセキュリティ対策は不要だ。

 「CMC」は、Chromebook端末に対する運用管理機能をクラウドで提供するもので、日立システムズは「CMC」を利用し、端末環境と仮想デスクトップ環境を含めた運用支援サービスをあわせて提供する。

 運用支援サービスでは、24時間365日体制のネットワークオペレーションセンター(NOC)から、仮想デスクトップ環境のインフラ(サーバーやアプリケーション)の稼働監視を行うという。

 また、Chromebook端末に対するユーザーの追加・削除、ユーザーごとのアプリケーション利用設定に加え、端末の紛失時にはデータをリモートで削除するなど、仮想デスクトップのインフラ・端末の一元的な運用管理を提供する。

 このソリューションの導入により、セキュアで使いやすい仮想デスクトップ環境を、リーズナブルなコストで導入することができる。さらに、「CMC」で一元管理することにより、端末を含めた仮想デスクトップ環境に対する運用体制を持つことなく24時間365日体制の柔軟な運用管理を行うことができるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5