Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014~2019年のEA市場の年間平均成長率は1.6%、BA市場は同4.8%と予測――IDCが調査

2015/06/17 19:15

 IDC Japanは、国内EA(Enterprise Applications)ソリューション、およびBA(Business Analytics)ソリューション市場の調査を実施し、このほど産業分野別予測を発表した。

 今回のEA/BAソリューション市場の調査では、IDCが定義するEA/BAパッケージソフトウェアを、企業が実装する際に必要となるソフトウェア、サービス、ハードウェアに対する国内企業の支出額の合計としている。

 なお、EA/BAソリューションは、一部のユーザー企業にとっては同一のソリューションとなる場合があるため、EAソリューション市場とBAソリューション市場を合算せず、それぞれの市場規模を算出している。

 発表された国内EA/BAソリューション市場の実績と予測の概要は次のとおり。

2014年の市場規模は、国内EAが2兆293億700万円、国内BAが9,682億2,700万円

 2014年の国内EA/BAソリューション市場は、EAソリューション市場(Enterprise Resource Management:ERM/Supply Chain Management:SCM/Customer Relationship Management:CRMの3市場合計)が2兆293億700万円で前年比成長率は2.6%。

 BAソリューション市場は、9,682億2,700万円で前年比成長率は4.6%だった。2014年は業績とシステム投資ともに、海外拠点を持つ企業で増加しており、2015年もその傾向が継続する見込み。

2014年~2019年のEA市場の年間平均成長率1.6%、BA市場は同4.8%と予測

 2015年の国内EAソリューションは、ERMソリューション市場がマイナンバー対応や事業統合後の拠点システム統合により、前年比2.3%で市場を拡大するとみてる。

 IDCでは、国内EAソリューション市場の2014年~2019年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は1.6%で推移し、2019年には2兆2,007億3,000万円になると予測している。

マイナンバー対応で番号収集関連ソリューションが1~2年で拡大へ

 企業におけるマイナンバー対応は、人事/給与システムより、むしろ負荷の大きい番号収集に関連するソリューション導入がこの1~2年で進むとみている。

 他にも、税と法制度に対応するERMの機能追加、PLMやSCMによるグローバル環境での生産体制強化、東京オリンピック/パラリンピックに向けた顧客対応強化など複数の成長要因がある。しかし、その導入がクラウドサービスへ移行することで、ハードウェアと構築サービス市場の成長を抑制すると分析している。

 国内BAソリューション市場は、企業における経営指標と顧客データの統合/分析需要の本格化で、同期間におけるCAGRがEAソリューションの3倍となる4.8%で推移し、2019年の市場規模は1兆2,259億1,800万円になると予測している。

参考資料:国内EA/BAソリューション市場の実績と予測、2014年~2019年(作成:IDC Japan)

 なお、今回の発表の詳細は、IDCが発行したレポート「国内EA/BAソリューション市場 産業分野別 2014年の実績と2015年~2019年の予測」に掲載されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5