Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ヴイエムウェア、クラウドネイティブアプリケーションの開発・導入を簡素化するツールのプレビュー

  2015/06/23 15:00

 ヴイエムウェアは、クラウドネイティブアプリケーションのビルド、デプロイ、実行に対する企業のニーズに対応する、新しいテクノロジプレビュー「VMware AppCatalyst」と「Project Bonneville」を発表した。

 「VMware AppCatalyst」は、APIとコマンドラインインターフェース(CLI)で操作できる開発者向けのハイパーバイザー。現在、テクノロジプレビューとして提供されており、開発者はコンテナ化されたマイクロサービスべ―スのアプリケーションのビルドやテストを実施するために、デスクトップのローカル上にプライベート クラウド環境を複製することができる。

 また、このツールはオープンソースの軽量なLinuxコンテナホストであるProject Photonや、Docker Machine、Vagrantと連携して利用できるという。「VMware App Catalyst」は、6月23日からMac OS X向けにコミュニティサイトを通じて無料で提供される。

 同様に、テクノロジ プレビューとして提供される「Project Bonneville」は、DockerコンテナのVMware vSphereプラットフォームへのシームレスな統合を可能にする。

 仮想基盤の管理者は、新規ツールの導入や追加のトレーニングの必要なく、VMware vCenter Serverなどの既存の運用/管理ソリューションからこのテクノロジプレビューを利用できる。

 Docker向けに最適化された「Project Bonneville」により、Docker Hubからコンテナをダウンロードし、そしてVMware vSphereのInstant Clone機能を活用して最小限のオーバーヘッドでコンテナを仮想マシン(VM)上で隔離しながら起動できる。

 「Project Bonneville」と「Instant Clone」を組み合わせることにより、仮想マシンごとに1つのコンテナを利用できるレベルにまで仮想マシンを軽量化できるという。

 「Project Bonneville」を通じて、安全かつ隔離されたコンテナを実現するとともに、コンテナの挙動や仮想環境内での稼働場所などの可視性が管理者向けに提供される。そして、「Project Bonneville」は、Windowsなどあらゆるx86ベースのOS上で、Dockerコンテナに対応できるよう開発されているとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5