Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中堅中小企業向けにモバイル、クラウド活用ソリューション提供に重点を置くベンダーが増加――IDCが調査

  2015/08/19 14:30

 IDC Japanは、4月に実施した「国内中堅中小企業ユーザー調査」の結果、およびITベンダー、SIer、販売代理店などへのヒヤリング調査の結果を基に、国内中堅中小企業IT市場における販売チャネル別の支出動向を発表した。

 発表によると、PC、および通信機器(ルーターなど)においては「販売代理店」経由での導入の割合が高い一方で、サーバー、ストレージ、周辺機器(プリンター、複合機など)、パッケージソフトウェアでは「ベンダー(営業担当者)」「SIer」経由での導入の割合が高いことが明らかになった。

 PC、通信機器は、小規模企業を含め多くの企業で導入されているほか、導入が比較的容易なことから「販売代理店」経由での導入が多いとみている。その一方で、サーバー、ストレージ、パッケージソフトウェアは、システム 構築作業と並行して導入されるケースが中心となることから、「ベンダー(営業担当者)」「SIer」経由での導入が多いとみている。

 なお、周辺機器では、多くのプリンターベンダーが全国に拠点網を持ち、販売、保守、消耗品の補充を行っていることから「ベンダー(営業担当者)」の割合が高くなっている。

 各地域の中堅中小企業向け販売代理店、SIerでは、ハードウェアの低価格化と仮想化/統合化など利用拡大による需要減少の影響をカバーするために新しい商材を模索しているが、その1つとして、モバイル、クラウドを活用したソリューションの取り扱いを積極的に推進している。

 ベンダー、通信事業者においても中堅中小企業向けにモバイル、クラウドを活用したソリューションの提供、および支援を強化している。また、クラウドを活用したソリューションの提供において、従来の取引ベンダーではなく、外資系クラウドベンダーなどと新たに取引を開始するケースも増えており、既存の販売チャネル網に影響を与える可能性がある。

 中堅中小企業向けにモバイル、クラウドを活用したソリューションを展開するにあたって、販売代理店、SIerが、ユーザー企業のニーズに合致した提案を行うためには、上流工程からの参画が重要になるが、ノウハウがないため期待通りの成果が得られないケースが多くある。

 IDC Japan ITスペンディング リサーチマネージャー の市村仁氏は、「ITベンダーは、パートナー企業に対して上流工程からの参画を可能にするため、ベストプラクティス事例などノウハウの積極的な提供が今後のパートナー支援に求められる」と分析している。

参考資料:国内中堅中小企業IT市場 製品別/販売チャネル別 支出額構成比予測、2015年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について内容の詳細は、IDCが発行したレポート「2015年 国内中堅中小企業IT市場主要ベンダーにおけるチャネル動向分析」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5