Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、ビッグデータ管理とガバナンス強化を支援するファイル分析ソフトウェアを発表

  2015/10/01 16:00

 日本ヒューレット・パッカードは、高度な分析とポリシー管理技術を活用したファイル分析ソフトウェア「HP Storage Optimizer」を発表した。販売開始は、2015年中を予定している。

 「HP Storage Optimizer」により、企業ポリシーに沿って膨大なデータを効率的に管理することで、データの保管コストを低減し、コンプライアンス対応やインフォーメーション・ガバナンスを推進することができるという。

 ファイル分析ツールにより、非構造化データを情報管理することで、企業はより適切な意思決定が可能となるとしている。

 新製品「HP Storage Optimizer」の主な特徴は次のとおり。

 ・ポリシーベースのストレージ階層化と情報の最適化の組み合わせにより、企業は効率的にストレージ量を軽減させ、非構造化データの管理コストと複雑性を減らし、さらにクラウドも含めて複数のストレージレポジトリに情報を分散し格納することが可能。データがスタブ化され格納される前に、データセット毎に詳細なポリシーを適用することが可能なため、企業は非構造化データを総合的に把握可能。

 ・SharePointやExchangeなど幅広いレポジトリへの接続が可能で、エンタープライズレベルの拡張性も装備。また、内蔵されたワークフローセキュリティおよびオーディオ機能を提供するほか、エンドユーザーによるシームレスなデータ検索を行うことも可能。

 日本HPでは、「HP Storage Optimizer」の導入に先立ち、現状のデータ管理課題の把握、新たなデータ管理のポリシー定義や実現方式を検討するワークショップやコンサルティングサービスを提供するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5