SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門

IoTでビジネスモデル変革に成功している企業の共通点

 「IoTが流行っているのはわかったけど、それをビジネスに生かすためには何をするべきなの?」という疑問をよく聞くようになってきました。IoT(Internet of Things)というキーワード自体は、社会に浸透してきています。しかし、IoTを活かしてビジネスモデル変革に成功している企業は、現時点では少ないようです。モノから集めたデータの可視化や分析を始めている企業は増えていますが、その仕組みをビジネスに寄与させるためには異なるアプローチの取り組みが求められます。今回は、IoTでビジネスモデル変革を成功している企業の共通点や法則について考えていきます。

IoTで重要なのは、むしろ”モノ以外”の動き

 IoTは日本語では「モノのインターネット」といって”モノ”に着目されがちですが、ビジネスへの寄与を考えるときに着目すべきなのは、むしろ”モノ以外”の部分です。

 ビジネスモデルとは、儲けを得るためのヒト・モノ・カネ・情報の動きと捉えることができます。ここでモノだけがインターネットに接続して進化したところで、残りのモノ以外の部分 ――つまりヒト・カネ・情報の動きが変わらなければ、ビジネスモデルは変わりません。

図 1:モノだけでなく、ヒト・カネ・情報にも着目

 IoTでビジネスモデル変革に成功している数少ない企業には、IoTを活かしてモノを進化させるのと同時に、ヒト・カネ・情報の動きも進化させているという共通点があります。

 ヒトの動きを変えるためにサービスやセールスの現場スタッフにIoTのデータを届けること、カネの動きを変えるために基幹システムにIoTを組み込むこと、情報の動きを変えて自社内だけでなく顧客までをIoTとつなげること、これらはIoTによるビジネスモデル変革を成功させる法則といえます。

 まず、ヒト・カネ・情報、それぞれの進化を3つの成功の法則としてみていきます。1つ目は、「ヒトの動きの進化」です。

次のページ
成功の法則1:ヒトの動きを進化させる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安田 航(ヤスダ ワタル)

NTTテクノクロス株式会社 EAストラテジスト
NTTソフトウェア入社(現社名、NTTテクノクロス)以来、エンジニア、ITコンサルタントとして活動。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)手法を駆使したIT戦略/グランドデザインの策定と推進に多数の実績を持つ。日本企業の縦割り的な情報システムの考え方に...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7336 2015/11/04 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング