Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データビークルがデータサイエンス専用変換ツール「Data Ferry」を5月に発売 

2016/01/29 18:00

 データサイエンス専門ベンダーである株式会社データビークルは、電通、アプレッソおよびtakram design engineeringと共同開発したデータサイエンス専用変換ツール「Data Ferry」(データフェリー)を5月9日に発売すると発表した。

 今回の「Data Ferry」の発売に関する発表は、データビークルの代表取締役社長 油野達也氏と、アプレッソの代表取締役社長 小野和俊氏が行った。

 油野氏は、昨年にデータビークルを設立したが、その前はインフォテリアで営業を率いていた。国産のETL/EAI市場を牽引してきた油野氏と小野氏の両名が手を組むことで、ビッグデータ分析の市場に大きな影響を与えるのではと注目されている。

 「Data Ferry」は従来のデータ変換ツールとは全く異なる分析作業専用データ変換ツール。社内外に散在するさまざまな形式のデータを、IT部門や専門家の手を借りることなく、マーケティング部門やIoT ニーズを持つ製造部門などで分析が可能になるという。

 事前準備と簡単な操作だけで必要なデータ変換収集を可能にし、データ分析専用とすることでマスタデータをはじめとした従来は困難だったファイルの変換、個人情報保護のための暗号化、データの汚れ揺れの検知機能などが可能になる。

 またユーザーインタフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI/UX)も電通および、takram design engineering の協力を得て、「直感的に」「手触り良く」そして「気づきを与える」ことができるユーザーインタフェースとナビゲーションを実現しているという。利用料は月額40 万円から(1 ユーザーID、初期データ容量は1TB まで)。当面は予約販売のみとし、データビークルが直接販売する。オンプレミス、プライベートクラウドでの利用はライセンス販売の形態でパートナー企業より提供する。

アプレッソ代表取締役社長 小野和俊氏/データビークル 代表取締役社長 油野達也氏

データ連携イメージ

■基本機能(一部)

・データ収集
 豊富なアダプターで、様々なRDB/ファイル/APPからデータ収集
・ファイル結合
 縦結合(UNION)、横結合(JOIN)を専用U/Iでわかりやすく実装
・集計
 特定の項目でグループ化し、SUM・MAX・MINなどの集計処理データを出力
・クレンジング
 外れ値を検出し、グラフ表示。範囲指定によるクレンジングも実装
・サンプリング
 特定の割合/件数を指定してランダムでデータを抽出
・セキュリティ
 HTTPSによるセキュアなクライアントアクセス、詳細な各種ロギング機能
・ユーザビリティ
 完全Webベースのクライアント環境でデータ連携定義をコーディングレス(ウィザード、D&Dなどの簡易UI)で作成可能
・ユーザーサポート
・エラー発生時の通知機能
 エラー発生時の自動/手動リトライ機能

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5