Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、教育機関向けIT技術者育成支援プログラム「Oracle Academy」を刷新 

2016/02/02 13:30

 日本オラクルは、オラクルの社会貢献活動の柱の1つである教育支援プログラムとして、IT技術者育成のためのさまざまなコンテンツやプログラムを教育機関向けに提供している「Oracle Academy」を刷新することを発表した。無償会員制度の導入、最新技術に対応したトレーニングコースや高校・中学を対象にした自主学習カリキュラムの提供を開始するという。

 「Oracle Academy」は、学生を対象にしたJavaやリレーショナル・データベースなど企業システムやコンシューマーITに従事する際に役立つ基本技術についての知識、スキルの習得を支援するもの。IT企業が提供する製品やツールの使い方ではなく、特定企業に依存しないITの基礎となる技術の習得、知識の取得を促すことで、あらゆるIT関連職に役立つ可能性があるという。

 また、オラクルが教育支援を行う技術やスキルは、グローバルで通用するものであり、日本の国際競争力向上のために必要不可欠なグローバルに活躍できるIT人材の育成にも貢献するとしている。

 日本では、2002年に「Oracle Academy」を開始し、主に「Oracle Database」とJavaの技術者育成を中心としたプログラム提供を行ってきた。2015年末までに、大学、専門学校を中心に90校の教育機関が参画し、このプログラムにより提供されたカリキュラムを通じて学生が取得したオラクルの認定資格数は2万以上になるという。

 今回の「Oracle Academy」刷新により、IT人材育成支援においても、クラウドによって日本のIT業界に革新をもたらすための日本オラクルの戦略「POCO (Power of Cloud by Oracle)」を推進していくとしている。

 「Oracle Academy」の刷新よる新たな取り組みは次のとおり。

 ・会員制度の刷新:従来の年会費約6万円を無償化し、無料会員制度による「Oracle Academy」の各種プログラム提供を開始。また、従来は団体による入会のみだったが、今後は個人による入会も受け付ける。「Oracle Academy」の会員になることで、主にデータベースなどのソフトウェアの無償利用、教員や学生向けの学習用の映像コンテンツが無料視聴、講座の受講料や認定資格試験受験料の学生割引などのメリットを受ることができる。

 ・対象教育機関の拡充:新しい「Oracle Academy」では、高校生、中学生を対象にしたカリキュラムを開発し提供。高校生向けには、フリーの開発ツール「Greenfoot」を使ってJava言語によるプログラミング学習を通じてゲーム開発を行うカリキュラム、中学生向けには、フリーの開発ルーム「Alice」を使って予め設定されているひな形のプログラムを各自で組み合わせてコンピュータ・グラフィック制作を行うカリキュラムを用意している。

 ・最新技術に対応したカリキュラムの拡充:ビッグデータ、IoTやクラウドなど最新技術について学ぶことができるプログラムを拡充。ビッグデータ解析に必要な知識を習得するコース「ビッグデータ・サイエンス・ブートキャンプ」やクラウド・サービスのエキスパートによるクラウド・コンピューティングの基礎を学習するコースなどを大学や研究機関などの高等教育機関向けに提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5