EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アプリケーション・エコノミー変革の中で日本は生き残れるか

edited by DB Online   2016/03/07 13:00

 技術が急速に進化しており、デジタル化が加速している。そしてこのデジタル化で、さまざまなイノベーションが起こっている。Facebookのようなソーシャルネットワークが人々のコミュニケーション方法として当たり前になり、Uberのような既存業界を破壊する新しいプレイヤーも登場している。これらイノベーションを牽引しているのがソフトウェアだ。

ソフトウェアが牽引するアプリケーション・エコノミーの世界

 2016年2月24日、CA Technologiesはアジアパシフィックおよび日本向けのメディア・アナリスト・サミットをシンガポールで開催した。CA TechnologiesのAPJ地域プレジデント兼ジェネラル・マネージャのケネス ・アレドンド氏は、ソフトウェアが牽引する新しい社会を、CA Technologiesでは「アプリケーション・エコノミー」と定義していると説明する。

CA Technologies ケネス ・アレドンド氏
CA Technologies ケネス ・アレドンド氏

 さまざまな業界が、アプリケーション・エコノミーで変化している。今や実際の銀行窓口に行くよりPC画面で預金残高を確認する人も多いだろう。日常的な天候の確認や交通渋滞を避けるためにも、アプリケーションが使われる。アプリケーションなくして生活は回らなくなっているとも言えるだろう。

 このアプリケーション・エコノミーの動きは、欧米を中心に進んできたイメージがある。しかし、アジア地域での変化も例外ではない。たとえばマレーシアには、Uberのようなタクシーの仕組みである「GrabTaxi」がすでにある。オンラインマーケットの「Qoo10」は、アジア地域で急成長しており1,760万人のユーザーがいる。Qoo10のユーザーの平均年齢は27歳と若く、半分以上が女性だ。今後これらの若いユーザーは、コンシューマ市場をリードする立場となるだろう。そういったユーザーの購買情報をという価値あるデータを、Qoo10は活用できる立場にあるのだ。

 革新は新しいプレイヤーだけがもたらしているわけではない。たとえば全日空やNEC、サムスンなど既存のトラディッショナルな企業もデジタル化で新たな革新を起こそうとしているとアレドンド氏。彼らは既存の仕組みの上に新たな革新を生み出し続けるために、アプリケーションを改良し更新し続けているとのこと。それをサポートしているのが、CA Technologiesだとアレドンド氏は言う。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5