Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AvePoint、Office365の移行、運用管理、データ保護を実現するSaaSを提供開始

  2016/04/26 13:45

 AvePoint Japanは、4月26日、Microsoft Office365環境の移行、運用管理、データ保護を実現するSaaS型クラウドサービス「AvePoint Online Services(AOS)」を、日本国内の Microsoft Azureデータセンターから提供開始したと発表した。国内環境からの製品提供開始により、より多くの企業にOffice365の利活用を促進する便利なサービスを提供することを目指すとしている。

 Microsoft Office365・SharePoint Online管理ツールである「AOS」は、DocAve Online・Governance Automation Online・Compliance Guardian Online・どきゅなびOnlineの各モジュールから構成されており、Office365 利活用をより簡単に実現できる情報環境を提供するという。

 各モジュールの概要は次のとおり。

 ・DocAve Online:既存システムからSharePoint Onlineへの移行をサポート/SharePoint権限を一括管理/ツリービューを活用して、サイトやサイトコレクションの移動を簡単に実行/うっかり消してしまったデータも、最小単位バックアップ&リストアやアーカイブ機能を用いて簡単・迅速にリカバリー

 ・Governance Automation Online:サイト払い出しなど、IT リソースの提供を自動化することにより、利活用促進&単純作業の削減による生産性の向上を実現

 ・Compliance Guardian Online:SharePoint にアップロードするデータを自動タグ付し、データを確実に管理

 ・どきゅなびOnline:ファイル サーバー内のデータを移行することなく、あたかも SharePoint 上にデータが存在するかのような管理体制を実現

 最近は、データの種類・機密性等でオンライン・オンプレミスを使い分ける「ハイブリッドクラウド」が注目を集めつつあるが、管理するプラットフォームの数が増えることによるIT部門への負担増、セキュリティ上の懸念などが課題になる。

 「AOS」内の製品は全てオンプレミス版でも提供しているため、上記のような問題を気にすることなく、中央化されたプラットフォームでOffice365・SharePoint OnlineとSharePointによる移行、運用管理、データ保護を実現することができるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5