Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中堅中小企業では「ID/アクセス管理強化」「脅威管理強化」などのニーズが高まる――IDCが調査

  2016/05/10 19:20

 IDC Japanは、3月に実施した国内中堅中小企業(従業員規模:999人以下)ユーザー調査の結果を発表した。これによると、中堅中小企業では、2016年度IT投資予算を同じ(変わらない)と回答した企業が半数で、IT支出に慎重な企業は多いという。

IT支出重点事項としてセキュリティ関連の項目を挙げる企業が多くなっている

 2016年度(会計年)のIT支出予算については、前年度から「増加する」と回答した企業は3分の1程度で、2015年度のIT支出予算を「増加」と回答した企業の割合を若干下回った。また、約半数の企業が「同じ/変わらない」としていることから、2016年度においてもIT支出予算が慎重な中堅中小企業は依然として多いとIDCではみている。

 中堅中小企業では、従業員規模にかかわらず、IT支出重点事項としてセキュリティ関連の項目を挙げる企業が多くなっている。セキュリティ関連項目の内、「情報漏洩対策」を挙げる企業が最多だが、2016年度、2017年度のIT支出重点項目では「ID/アクセス管理強化」または「脅威管理強化」の優先順位が高まっている。

 「マイナンバー制度」対応に加えて、サイバーセキュリティ犯罪が頻発しており、情報漏洩による損害が甚大となっていることから、中堅中小企業においても継続的なセキュリティ強化が求められているため、より高度なセキュリティ対策を検討する企業が増加していることが要因とみている。

小規模企業では、ITベンダーに経営戦略につながる相談を求める企業が多い

 中堅中小企業が抱える経営課題としては、「売上拡大」の回答率が昨年の調査と同様に最も高くなっている。円高などで不透明感が高まっている国内経済において、いかに業績拡大を図るかを課題とする企業が多いとみている。なお、IT活用による効果が期待できる課題としても「売上拡大」を挙げる企業が最も多くなっており、業績拡大を目的に戦略的なIT活用を図る中堅中小企業は現時点では一部にとどまっているが、今後徐々に増加することが見込まれる。

 ただし、「ITベンダーに不満を持つ点」として、特に小規模企業(従業員規模:1~99人)では「経営戦略に直結する相談ができない」を挙げる企業が比較的多くなっている。つまり、小規模企業では、業績拡大を目的としたIT利活用を模索しているものの、ITベンダーからの適切な提案などが無いことが不満につながっていると考えられる。

 IDC Japan ITスペンディング リサーチマネージャーの市村仁氏は、「ITベンダーは、ユーザー企業に対して経営課題(例:売上拡大など)に関する相談を受ける体制を構築すると共に課題解決につながるITソリューションの提案を積極的に行うことが重要である」と分析している。

参考資料:中堅中小企業および大企業におけるIT支出予算の前年度増減:2015年度、2016年度(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「2016年 国内中堅中小企業IT市場 ユーザー企業のIT支出動向調査」にその詳細が報告されている。このレポートでは、3月に実施した「国内中堅中小企業ユーザー調査」の結果を基に、IT支出動向、経営課題とITに期待する役割、「第3のプラットフォーム」ソリューション利用動向、ベンダー利用動向に加えて、「マイナンバー制度」対応、「消費税増税(軽減税率導入)」対応などに関する分析をまとめているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5