Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ハイテクソリューションズと日本通信、モバイル向け標的型サイバー攻撃対策ソリューションを販売開始

  2016/05/11 15:00

 日立ハイテクソリューションズと日本通信は、日立製作所が提供する「NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション」と、日本通信が提供する無線の専用線サービス「モバイル専用線」を連携させた、モバイル向け標的型サイバー攻撃対策ソリューションの提供を5月11日から開始すると発表した。

 日立ハイテクソリューションズは、日立の「NX NetMonitor」と、ファイア・アイの「FireEye NX」を連携させた標的型サイバー攻撃対策ソリューションの販売協力を行っている。新ソリューションは、連携ソリューションに、日本通信の「モバイル専用線」を組み合わせた、モバイル向け標的型サイバー攻撃対策ソリューションになる。

 日立が提供する連携ソリューションは、マルウェア感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に行うことで感染拡大防止を図ることが可能なソリューション。一方、日本通信が提供する「モバイル専用線」は、固定の専用線と同様に、インターネットを介さずダイレクトに、顧客企業のセンター拠点に携帯網を使って接続する特許技術を用いた専用線サービス。

 発表されたソリューションでは、日本通信の「モバイル専用線」を用いることで、従来のホットスポットを経由したインターネット接続から、連携ソリューションにより監視・保護されているセンター拠点を経由したインターネット接続へ変更し、モバイル端末利用時においても高いセキュリティ環境を実現しているという。

 また、感染したモバイル端末が持ち出された場合でも、センター拠点上の通信を監視している「FireEye NX」がマルウェアを検知し、C&Cサーバとの通信を遮断し、情報漏えいを防止することが可能だ。さらに、連携ソリューションを既に導入している企業は、新たに専用ソフトをインストールする必要がないため、導入・運用が容易だとしている。

 このソリューションは、日立ハイテクソリューションズが官公庁施設や製造業や流通業の企業など幅広い業界に向けて販売を行い、日本通信はセキュアな無線「モバイル専用線」の提供を行う。また、ファイア・アイの日本における一次代理店であるソフトバンク・テクノロジーが技術的な支援を行う。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5