Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

テラデータが分析業務を強化、AWS上DB、Yahoo Japanと技術提携、IoT専門チーム新設

  2016/05/20 08:00

 テラデータ・コーポレーション(以下テラデータ)は5月19日にハイブリッド・クラウドの機能向上のによる分析業務の拡大、IoT分析チームの新設、Yahoo Japanとの技術提携に関する発表を行った。

 

テラデータのイベントで発表をおこなったダン・ハリントン氏
Teradata Corporation Executive Vice President Dan Harrington

IntelliFlex、Database on AWSなどの新サービス

 Teradata ハイブリッド・クラウドは、オンプレミス、マネージド・クラウド、パブリック・クラウドを組み合わせて利用できる顧客向けの環境であり、これらを組織化することで、エコシステム全体での自動的な同期化、クエリー・ルーティングの最適化、エンド・ツー・エンドの管理など、使いやすさを改善したという。Teradata ハイブリッド・クラウドの新機能は次の通り。

  1. Teradata IntelliFlex
    Teradata IntelliFlex は、MPP(超並列処理)アーキテクチャの次世代プラットフォームで、強力なインメモリー・コンピューティング向けの大容量メモリー構成と、データ・センターでの使用に適合した高密度のパッケージングを提供する。IntelliFlex では、インメモリーの処理レベルが向上し、メモリー容量は既存の Teradata DataWarehouse と比較すると、最大 3 倍のパフォーマンスを実現する。

  2. Amazon Web Services(AWS)上で Teradata データベースを提供開始
    昨年 10 月に発表された「Teradata Database on AWS」のいくつかのセルフサービス機能が AWS Marketplace から提供開始された。現在、Teradata Database ソフトウェア・エコシステムの高度な分析機能が、年単位、時間単位の両方の従量制課金を含む click-to-subscribe(クリック登録)環境で利用することができる。Teradata Database on AWS は、数ヶ月後に提供予定のパブリック・クラウド・プラットフォームの最初のオプションとなっている。

  3. IoT専任チームの新設
    テラデータは、Teradata Labs内にグローバル IoT 分析チームを新設した。このチームは、米国、英国、インドを拠点とし、モノのアナリティクス(AoT: Analytics of Things)に関わるイノベーションの開発に注力するとしている。

Yahooとの技術提携

 Yahoo! JAPAN は、Teradata Labs(以下、テラデータ・ラボ)との技術提携を通じて、テラデータ・ラボが研究開発する最先端のビッグデータ関連の技術開発に参加し、次世代データ分析基盤に成果をいち早く取り入れることで、ビッグデータ利活用の進化を加速させ、サービスの改善や新規開発に役立てることを発表した。

 分析基盤に最新モデルのTeradataを追加導入し、また Teradata QueryGrid™を採用したことで、従来のシステムに比べ、パフォーマンスが最大で40 倍向上した。これにより、広告の効果測定、またページビュー数やアクティブユーザー等のアクセス数の分析作業が効率化し、さらにアクセス・ログデータTeradataへのロードが、日次から 1 時間単位で可能になったことで、鮮度の高い分析が可能になったという。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5