SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

60秒でできる!Microsoft Word Tips集

【Word Tips】見出しに罫線や網かけをつけて見栄えよくするには?

スタイルと書式(4)

見出しスタイルに罫線、背景色や網かけを使ってメリハリのある文書を作成する方法を説明します。

概要

 見出しに罫線または背景色、網かけスタイルを適用すると、よりメリハリの付いた美しい文書に仕上げることができます。

 本稿では、スタイルと書式作業ウィンドウを利用して、見出しに罫線または網かけスタイルを設定する方法を紹介します。

操作手順

 「見出し1」の周りを罫線で囲み、「見出し2」に背景色をつける手順を紹介します。

「見出し1」の周りを罫線で囲むには

  1. サンプルファイル「sample.doc」を開きます。
  2. 書式設定ツールバーの[スタイルと書式]ボタンをクリックするか、[書式]-[スタイルと書式]を選択します。
  3. [スタイルと書式]作業ウィンドウの一覧から「見出し1」を右クリックして[変更]を選択します。
    「見出し1」を右クリックして[変更]を選択
  4. [スタイルの変更]ダイアログボックスが表示されるので、必要に応じてフォントサイズなどを設定します。
  5. [書式]ボタンをクリックして、[罫線と網かけ]を選択します。
    スタイルの変更
  6. [線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスの[罫線]タブを開き、左側の[種類]の一覧から「囲む」を選択します。
  7. 中央の線種の一覧から罫線スタイルを選択します。任意で線の太さや色などを設定して、[OK]ボタンをクリックします。
    線種とページ罫線と網かけの設定
  8. [スタイルの変更]ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックします。
    スタイルの変更
  9. 「見出し1」が指定された罫線で囲まれました。
    「見出し1」が指定された罫線で囲まれた
一部の辺にのみ罫線を引くには

 罫線で囲むのではなく、たとえば下辺だけ罫線を引くには、[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスの中から「指定」を選択し、線のスタイルを選択して、右側の[プレビュー]の絵の中またはボタンをクリックします。また、もう一度同じ場所をクリックすると、その罫線が解除になります。

[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスで罫線を引きたい辺をクリック
[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックス

次のページ
「見出し2」を網かけするには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
60秒でできる!Microsoft Word Tips集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/810 2008/11/06 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング